T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その9 転車台ピットの作成

進みの遅いT-TRAK。
今日は転車台ピットを作成です。
まずは0.5mmプラ版をコンパスカッターを使用して直径144mmの円形に切り出します。
2周程切り込んで折り取るようにすると綺麗な丸が切り出せます。

DSCN8812-1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その8 機関庫屋根ウェザリング

塗り上げてから写真撮影中に気が付いたからパネル表現の左の右ズレ。
(あほ)
ちょっと悔しいので失敗した面をやり直します。
交互にしっかり出来た方をマスキング。失敗した側をジャーマングレーで塗り潰します。
とほほ・・・。

DSCN8695-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その7 機関庫屋根パネル表現

基本塗装の完了したKATO 木造機関庫。
今日は塗装で屋根板表現を誇張します。

ジャーマングレーの基本塗装の上にダークグレーでトーンを付けます。
マスキングして下の段から吹いていきます。パネルは1枚39mmとしました。

DSCN8688-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その6 ターンテーブル・機関庫基本塗装

下塗りの完了したターンテーブルの桁パーツ。
今日は上塗りの基本塗装から。
まずは操作小屋窓枠の彩色。ウッドブラウンでエアブラシしました。

DSCN8661-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その5 ターンテーブル下塗り

ほぼ組みあがったターンテーブルの桁パーツ。
今日は下塗りです。

そのまま塗装してもどんどん塗料が浸み込んでしまうので、始めに目止めとしてクリアーでコートしてみました。

DSCN8563-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その4 機関区施設セットを買ってみました

地上の構成物がまだ決まり切らないT-TRAK。
以前から気になっていたKATO 23-233 「機関区施設セット」を購入してみました。

DSCN8490-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その3 木造機関庫again

フジドリームスタジオ501 ターンテーブルの続きから・・・。
トラス基本部分の出来上がったターンテーブル。
今日は操作小屋の組み立てから。

まずは操作小屋の基本組から。
操作小屋は基本組の上から化粧紙を貼り付け,二重構造にすることで窓サッシを再現できるようになっています。

DSCN8414-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その2 イメージチェック

先週届いたボードと付属品の確認後、プチジオラマを載せて完成時のイメージを掴むと同時にスペースの空き具合をみてみます。

DSCN8370-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その1 ベースが到着

Nゲージ関連のクラブや走行会、モジュールにちょっと興味があるものの、手を出していなかった分野。
2016年末、ネットサーフィン中にKATOのHPで目にした 「T-TRAKコンテスト」。
http://www.t-trak.jp/
ダブルサイズでエントリーしてみました。
(^▽^;)
ゆうパックの代着で先程「ブツ」が到着。

*到着直後の姿。

DSCN8359-2.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 23-605 単線スチール架線柱 買ってみた

良好な形状がとっても気になってましたが、発売からあまり情報のないKATOの単線スチール架線柱。
試しに買ってみました。

DSCN8189-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ローアングル専用撮影台を作る

1:150のスケール故にローアングル(1:150 アイレベル)撮影のしにくいNゲージ車両。
ローアングル撮影のし易い撮影台を作ってみました。

まずは田宮の2mm厚プラボードを幅249mm、奥行き90mmで切り出し。
手前のユニトラックまでの奥行きは20m、奥川の平面奥行きは45mmです。
斜めの編は手前・奥共に20mm後退させています。

DSCN7397-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その7 完成

海面の着色が完了したプチラマ。
続いて波頭、水泡の表現を。
まずは、波打ち際の水泡を書き込み。リキテックスのライトモデリングペーストを塗布します。極力薄く、波打ち際の波の泡立ちを再現します。

DSCN7298-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その6

岩場の作成がほぼ出来上がったプチラマ。
続いて海面の基本加工です。
まずは波打ち際の砂に波で濡れた表現をします。
田宮の水性アクリルのパフを溶剤で薄めて波の跡を書き込みます。
・・・塗ってるうちにだんだん砂浜が狭くなっちゃいました。(あほんだら)

DSCN7249-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その5

その4の続きです。
ポータル脇の岩の発色が良くないので追加塗装します。
前回よりも少々濃い目の塗料で染めるように着色します。
地層を意識して水平方向のみに筆を動かします。
ねずみ色1号、レッドブラウン、フラットブラック、オリーブグリーン、ブラウン、ダークアースで調色します。

DSCN7230-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その4

構造パーツの基本塗装が終わったプチラマ。
ポータル周りの岩盤作成に移ります。
使う気満々でいたゴム型に流し込んだ石膏岩ですが、形状を整えるのに難儀。
今回は使用を諦めました・・・・。


DSCN7205-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その3

バラストのボンド水溶液が乾燥したプチラマ。
砂が妙に茶色く見えますが大丈夫。
基本塗装を始めます。
まずは架線柱、レールにマルチプライマーを吹き付け。

DSCN7185-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その2

基本パーツの切り出し、一部の接着が出来上がったプチラマ。
工作途上の状態でもケースに入ります。(笑)

DSCN7167-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その1 (30cmの野望)

初めて作った「走れるプチジオラマ」は吾妻線もどきのトンネルジオラマでした。
GM80系関連の製作が途中ですが、艶あり塗装に不都合な梅雨時はプチラマで気分転換。(詭弁)!?
今回はトンネルtoトンネルの海岸ジオラマにトライです。

DSCN7122-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ ターンテーブルのある風景 その5 (完成)

基本加工バラスト撒きの終わったプチジオラマ。
今日は仕上げです。
ウッドランドシーニックス社の軽量石膏で土に埋まりかけたバラストを表現します。
DSCN6067-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ ターンテーブルのある風景 その4

その3の続きです。
レールの固定ができたら、小物を塗装します。
照明用の電柱、変圧柱の柱部分はファルベのぶどう色1号で彩色。照明のライトケースはメタルカラーのアイアンを使用。
変圧柱の機器台座は黒で彩色しました。
DSCN6039-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR