KATO ローカル駅舎セットアップ その11 (小物の塗装)

ほぼ、基本形が出来上がったローカル駅舎。
小パーツを塗装します。

DSCN0847-1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その10 (屋根、基礎パーツ基本ウェザリング)

基礎パーツの基本塗装が完了して、今日は屋根パーツ、基礎パーツの基本ウェザリングです。

DSCN0821-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その9 (基礎パーツ基本塗装) 

基礎パーツのパテ研磨が完了したら、基礎パーツの塗装に移ります。

DSCN0516-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その8 (基礎パーツパテ研磨)

駅前側の1回目のパテ盛り付け、研磨が完了したら、2回目のパテ盛りです。
線路側の石の継ぎ目にもパテを盛り、平滑化します。

DSCN0508-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その7 (基礎のパテ処理)

上物の処理が一段落したローカル駅舎。
基礎パーツの処理を行います。


DSCN0498-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その7 (木部退色表現)

木部の基本塗装が完了したローカル駅舎。
今日は木部の退色表現です。
DSCN0341-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その6 (木部基本塗装)

瓦の彩色が完了したローカル駅舎。
今日は木部の基本塗装です。
DSCN0311-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その5 (屋根瓦彩色)

トタン・スレートのトーニングが完了。
今日は瓦のトーン付けです。
DSCN0131-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その4 (トタン・スレートのトーニング)

屋根パーツの基本塗装が完了したローカル駅舎。
今日はスレート、トタン部分にトーンを付けていきます。
スレートはマスキングして1枚づつトーンを書き込みます。
DSCN0120-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その3 (上屋下地塗装)

洗浄・乾燥が完了したローカル駅舎。
今日は上屋の下地塗装です。
DSCN0113.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その2 (ゲート処理他)

イメージチェックのみで止まっていたKATOのローカル駅舎。
ゲート、パーティングラインを処理します。

駅舎の顔とも言える正面の瓦部分(漆喰の三角の下)にバリがありますので裏側からサンド―ペーパーで研磨します。
面倒ですが正面からナイフで切除すると瓦の形状を崩しそうでしたのでこの方法を採りました。
DSCN0060-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO ローカル駅舎セットアップ その1 (開封・仮組)

購入後7・8年ほったらかしだったKATO ローカル駅舎セット。
次なる野望に向けて遂に開封となりました。

DSCN9870-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 23-605 単線スチール架線柱 買ってみた

良好な形状がとっても気になってましたが、発売からあまり情報のないKATOの単線スチール架線柱。
試しに買ってみました。

DSCN8189-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

ローアングル専用撮影台を作る

1:150のスケール故にローアングル(1:150 アイレベル)撮影のしにくいNゲージ車両。
ローアングル撮影のし易い撮影台を作ってみました。

まずは田宮の2mm厚プラボードを幅249mm、奥行き90mmで切り出し。
手前のユニトラックまでの奥行きは20m、奥川の平面奥行きは45mmです。
斜めの編は手前・奥共に20mm後退させています。

DSCN7397-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その7 完成

海面の着色が完了したプチラマ。
続いて波頭、水泡の表現を。
まずは、波打ち際の水泡を書き込み。リキテックスのライトモデリングペーストを塗布します。極力薄く、波打ち際の波の泡立ちを再現します。

DSCN7298-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その6

岩場の作成がほぼ出来上がったプチラマ。
続いて海面の基本加工です。
まずは波打ち際の砂に波で濡れた表現をします。
田宮の水性アクリルのパフを溶剤で薄めて波の跡を書き込みます。
・・・塗ってるうちにだんだん砂浜が狭くなっちゃいました。(あほんだら)

DSCN7249-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その5

その4の続きです。
ポータル脇の岩の発色が良くないので追加塗装します。
前回よりも少々濃い目の塗料で染めるように着色します。
地層を意識して水平方向のみに筆を動かします。
ねずみ色1号、レッドブラウン、フラットブラック、オリーブグリーン、ブラウン、ダークアースで調色します。

DSCN7230-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その4

構造パーツの基本塗装が終わったプチラマ。
ポータル周りの岩盤作成に移ります。
使う気満々でいたゴム型に流し込んだ石膏岩ですが、形状を整えるのに難儀。
今回は使用を諦めました・・・・。


DSCN7205-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その3

バラストのボンド水溶液が乾燥したプチラマ。
砂が妙に茶色く見えますが大丈夫。
基本塗装を始めます。
まずは架線柱、レールにマルチプライマーを吹き付け。

DSCN7185-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 「 一瞬の入り江 」 その2

基本パーツの切り出し、一部の接着が出来上がったプチラマ。
工作途上の状態でもケースに入ります。(笑)

DSCN7167-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR