KATO 3084 ED62 セットアップ

先日購入した KATOのED62。
今日はセットアップです。
DSCN9970-1.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

251系 「スーパービュー踊り子」 フル編成化。

10年程前に基本編成のみ購入。
当時は満足していましたが暗いヘッド・テールライトに辟易しヘッド・テールライトをLED化。
そのうちに暗い電球室内灯にも嫌気がさしほぼ走らせず・・・・・。
時が流れ、増結編成を購入しようと探したものの新品は店頭に全くなし。
中古も見当たらず、「オク」では高値。
そんなところで数か月前KATOのホームページで久しぶりの再生産予告。
・・・元々標準装備だった室内灯は今回LED化され内装の整形色も変わるとの事。
旧製品と混結前提で増結セットを購入しました。

*見事に製品番号も変更されています。
(^▽^;)
DSCN9658-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 3082 ED70 入線整備

先日入手した KATO 3082 ED70。
今日は入線整備です。

DSCN8595-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

80系 飯田線 TR48にスポーク車輪を付けてみた

先週入線となったKATOのリニューアル80系。
「渋谷の源ちゃん」様の情報に飛びついて今まで購入を躊躇していた旧型国電用のスポーク車輪を購入。
早速TR48台車に取り付けてみました。

商品のパッケージに「80系以外の旧型国電」とありますが、この80系飯田線の発売前商品「東海・比叡セット」・「ばら売り80系」のことを指してるので紛らわしい表記になりました。
今後生産されるスポーク車輪のパッケージの文言は変更されるのでしょうか?
説明書またはメーカーHPに適合する旨を表示して欲しいものです。

DSCN8149-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 10-1384 80系300番台 飯田線 4両セット買って来た&整備

メーカーのHP見てびっくり。
さる11月21日。株式会社 カトー 代表取締役会長の加藤祐治氏が永眠されたとのこと。
この御仁なくしてはここまで日本にNゲージは根付かなかったでしょうね。
この趣味の楽しみを与えてくださった加藤氏に感謝申し上げると共に、ご冥福をお祈りいたします。


さて、投稿の本題。
発売が楽しみだった80系のリニューアル品を11月末に購入してきました。
今日はさっそく手を入れてみます。

DSCN8147-1.jpg

続きを読む

KATO 3081 EF70 1000 入線整備

新製品の発売ラッシュで当初はスルーしようかと思っていたKATOのEF70。
結局購入してしまいました。今日は早速入線整備となりました。

DSCN7984-1.jpg

続きを読む

KATO 3020-7 EF58 初期型小窓 特急色 入線整備

今月下旬の20系6輌増結セットの発売日に合わせて先日駆け込み寺で購入してきたKATOのEF58 特急色。
本日は整備となりました。

駆け込み寺「館林の明和模型」の在庫も残り僅か。欲しい人は急いで~。 

DSCN7785-1.jpg

続きを読む

KATO 7014‐1 DD13後期型 入線整備

先日購入した、DD13後期型。
早速入線整備しました。

まずは分解。キャブ、ボディを取り外し。
続いて前梁、デッキ手摺りを外します。
DSCN7077-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

黒パン・白パン・・・あなたはどっち?

先日、EF13の入線整備で初めてパンタを塗装。
旧型機の重厚感を狙って黒パンタとしましたが、その際迷ったグレーのパンタ。
その後もどちらが良いのか迷いに迷い・・・。
今回グレーで塗装するとどんな見映えなのか?  試してみました。
DSCN6859-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

いんちき重連カプラー

完成品に付属する重連カプラーはちょっとゴツイ。交換もいちいち面倒。
かといって前梁を加工してマグネマチックカプラー装着もハードルが高いな~。
でも蒸機の重連で遊びたい!・・・・そんな横着で我儘なあなたに・・・・・(私?)。
こんなのどうでしょうか?

前梁のダミーカプラーと炭水車側のナックルカプラーの高低差を逆手にとってのパーツです。
写真をご覧になっての通り。
1・まずはカモメナックルカプラーのオスとメス(?・正式な名前が判らないので勝手にこう呼んでおきます。
どっちがオスでどっちがメスかなんてツッコミはなしね。笑)を軟プラも接着できる瞬間接着剤で貼り合わせ。

2・伸ばしランナーを作成してダミーカプラーのナックルにきっちり嵌り込む位置を確認してその部位を切り出します。

3・カモメナックルの後方は切り落としてナックルのすぐ後方に2で作成した伸ばしランナーが入る穴を開口。差し込んで接着します。・・・・・これで出来上がり。

DSCN1251-1.jpg続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 3072 EF13 結局買っちゃった。

スルーしようと我慢していたKATO EF13。
3割引きのお店のでは在庫も掃けたかと思ったら・・・見つけてしまい購入しました。(あほ)
DSCN6645-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO 3078 ED19 入線整備

昨年2月の発売早々に入手したまま1年以上「箱入り娘」だったED19。
やっと入線整備となりました。

実車の写真を見てみると、運転席側の床下・デッキ周りには配管が目立ちます。走行性能をそのままにスカスカ感を少しでも解消してみたい・・・やってみました。
まずはデッキを外して採寸。イメージを固めて作業開始。
DSCN6422-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO C59 呉線 入線整備 その3(完成)

研摩の終わったC59。
洗浄して切削カス、油分を除去。乾燥したら塗装に移ります。

プライマー処理が必要な軟プラのグループのそのまま塗装ができるクループに分け、割りばし・ボール紙に貼り付けます。
細かいパーツが多いので紛失には特に気を付けます。
DSCN6260-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO C59 呉線 入線整備 その2

前回、分解を終えたC59・・・加工に入ります。
初めにテンダー加工から。後部妻面の上昇ステップのディテールをあらかた切削したところで、レボリューションファクトリーの1.4mm手すりから芯々の寸法をディバイダーで写し取り、ステップディテールの外側一杯にマーキングします。
マークングしたら0.25φドリルで開口。開口したらディテールをマイクロナイフで削り取り、600番、800番のサンドペーパーで平滑に仕上げます。
DSCN6243-1.jpg

続きを読む

KATO C59 呉線 入線整備 その1 

「 C59・・・お前の番だ。 」
          謎の鉄道員登場!
          (たぶん最初で最後・笑)

昨年末の発売早々に入手したC59。
先日、分納の再出荷もされましたがウチは試走したのみでした。
1月半ば、どうしても欲しかった社外パーツも手に入り、いつもの様にちょこっと弄ってナンバーを付けてやろうと思います。

DSCN6200-4.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO C57 4次型 入線整備 その3 (完成)

下回りの塗装が完了したら上回りの塗装を。
メーカー出荷時の白線はそのまま活かします。
白線部分をマスキングしてガイアの鉄道用黒を吹きます。
DSCN5798-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO C57 4次型 入線整備 その2

地味~な作業が続きます。
ボイラーのパーティングラインをひたすら600番の細切りペーパーで磨いてゆきます。
あっと言う間に目が詰まりどんどん新しい目に替えて作業。
ボイラーの磨きが出来たらドーム上、キャブ上のポッチをパテで埋め、サンディング。
ボイラーの仮仕上げができたらドーム、テンダー妻面の手摺り、足掛けのモールドを削除して0.2mm真鍮線へ置き替えます。
デフレクター前にも手擦りを追加。

開放梃と一体成型の標識灯は裏面から0.2mmで途中まで穴を開け、真鍮線を接着。
その後梃から切り離し、給水温め器カバーに移設します。

DSCN5792-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

KATO C57 4次型 入線整備(今更・・・) その1

昨年6月の発売早々に入手。試走後1年半近くそのまま保管していたC57 4次型。
やっとこ整備の順番が回ってきました。
DSCN5780-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

C62 42 再プチ改 その2(完成)

下拵えが完了したらバラして塗装します。
始めのうちは再度全塗装するつもりでしたが思いとどまり、ボイラーのみ塗り直すことにしました。(手抜き!?)
但し、プラ地肌そのままだった空気溜め、配管、コンプレッサー、給水ポンプは今回塗ることに~。
DSCN5602-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

C62 42 再プチ改 その1

KATOの「C62 東海道」の発売と同時に購入し銀河モデルのパーツ使用して42号機(あくまでもタイプ)に小加工した機関車。
完成後に実車写真を良く見てみると集煙装置と煙室の取り付け部の形状が相違するのが非常に気になってました。
このまま走らせなくなりそうな気がしてワールド工芸のパーツを調達して再加工します。
入手したのはIMON 秋葉原店の最後の1個でした。(汗)
早速元のパーツを剥がし、パーツを宛がいます。 銀河のパーツよりも前後長が少々長く、砂箱に少々掛ります。
位置を微調整するため砂箱も撤去。付け直します。
DSCN5596-1.jpg

続きを読む

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR