グリーンマックス 155系

グリーンマックスの155系板キットの組立品です。 
4両基本+4輌増結で構成。2012年2月に完成。
ヘッドライト、テールライトは点灯化。
DSCN2595-1.jpg

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 近代機関庫のある風景 その4

その3の続きです。
扉周りをマスキングして本体塗装に備えます。
DSCN5584-1.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

グリーンマックス 流電52系

グリーンマックスの流電52系4両セットに単品でクモハ51を追加。
平成24年12月に完成しました。
KATOから完成品が発売されてしまいましたが、もう1回作ってみたいキットです。
ヘッドライト、テールライト(暗くて点いてるのか判らない・涙)、室内灯を装備。内装も簡単に自作しました。
パーツはタヴァサ、銀河を使用。塗色はGMの青15号、クリーム2号、屋根はガイアのジャーマングレー。
DSCN5576-1.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 近代機関庫のある風景 その3

パーツの研磨が完了して、お次は塗装。
透け対策と重厚感の足しになればと、パーツをガイアカラーのサフェーサーエボ ブラックでコートします。
仮組してみるとまるで火災車輛ならぬ火災機関庫です。(滝汗)
DSCN5554-1.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

走れるプチジオラマ 近代機関庫のある風景 その2

その1の続きです。
このキットの一番気になる点、車庫の扉内側にかなり目立つ押し出しピン痕があります。
閉じてしまえば見えないのですが、このストラクチャーの顔ともいえる部分なので修正します。
穴埋めのアイテムと言えば最近は光硬化パテ、ポリエステルパテ、瞬間接着剤と色々ありますが、
昔ながらの田宮製ラッカーパテを使用します。
まずは塗り易いようにシンナーで少々薄め穴に盛ります。十分乾燥したら240番のペーパーで面一になるまで研磨。
更に上から溶きパテを充填して400番のペーパーで仕上げました。
・・・TMS。
*写真は仕上げ研磨前です。
DSCN5548-1.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR