KATOの クモハ52004+クモハ54100 4両セット購入

発売予告から首を長くして待っていた KATO 10-1288 クモハ52004+クモハ54100 4両セット。
完成させたGMキットも手元にあり、見事に車番も被るのですが「キットはキット。完成品は完成品。」という勝手なポリシーに則り、購入してきました。
DSCN5021-1.jpg


このセットの「目玉」 クモハ52004。 この形状で引っ掛けテールライトが点灯するのが良いですね。ちょっとレンズが奥まってるのと、運転席側前面のパーティングラインが強めに出てるのが惜しまれます。(他の部分が素晴らしいだけに・・・)
DSCN5020-1.jpg

クモハ54119。戸袋窓のHゴムが綺麗に再現されています。これをGMキットで再現するのって難しそうで未だにトライできません。
写真は付属のジャンパ栓の蓋部分にあるパーティングラインを研磨して切除。ガイアのマルチプライマーで処理してモリタの青15号、ガイアの鉄道用 黒で彩色しました。
DSCN5035-1.jpg

サハ48034。
DSCN5029-1.jpg

サハ75106。
DSCN5031-1.jpg

クモハ52004。手持ちのグリーンマックスの板キットと並べてみました。GM車は純正の指定色で塗装、銀河モデル、タヴァサ製のパーツを追加してし台車はKATOの旧客用ASSYを使用しています。
左向きで運転席側から。手前がKATO、奥がGM
DSCN5036-1.jpg

突合せで。右がKATO、左がGM。
KATOのHPには流電独特のセンターピラーの傾斜角をしっかりと再現したという表記がありましたが、確かに傾斜角が違いますね。GMの方がスピード感があると言えばあるような。
DSCN5037-1.jpg

正面から。左がGM、右がKATO。流石は最新のKATO製品。嵌め込みガラスは私の裏からプラ板を貼り付けたものとはちがいますな。(涙)
KATO製は窓の天地の寸法も大きくグラッシーな印象です。
DSCN5040-1.jpg


唯一気になるクモハ52の引っ掛けテールランプをプチ改造。
引っ掛けライトを表から引き抜き、内側からライトプリズムを引き抜きパーツをバラバラにします。ライトプリズムの車内側には導光性向上の為、クリアを塗布しておきます。表面に来る部分は銀河モデルのN-065「テールライトレンズ」をピンバイスに咥えて厚さ0.3mm程度にスライス。表面にクリアレッドをぽってりと塗布。
*光の透過性を損なわないようにクリアレッドはスーパークリアを混ぜて彩度を落としました。
DSCN5052-1.jpg

レンズの塗料が乾いたら、ライトケースにプリズムを若干浅めに戻し、正面からスライスしたレンズを接着。
*接着にはボンドGクリアをエナメル系溶剤で糸を引かなくなる程度までのばしたものを使用しました。
自分のイメージ通りの流電の顔になりました。
DSCN5055-1.jpg






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

お引越し確認しましたよ。

いらっしゃい

FC2へようこそ!

写真奇麗ですね〜

リンクさせていただきます。

Re: No title

> お引越し確認しましたよ。

有難うございます

Re: いらっしゃい

> FC2へようこそ!
>
> 写真奇麗ですね〜
>
> リンクさせていただきます。

waratets様

リンク、コメント有難うございます。
3年半振りに同じサイトですね。
宜しくお願いします。^^

No title

どもです (・ω・)ノ
こちらでもお世話になります。

いいですね〜、僕も旧型国電っていうんですか?
今度KATOから出るの、ひとつ欲しいかなぁと。

北斗星、終わってしまいましたね。
( ;´Д`)
真似して、DD51の北斗星カラーの買おうかなと。
あ、単機ですけど。
なので、あちらのコレクションの方、読み返しました。
(^ ^)

こちらでも宜しくです (*'▽')

手積み様
ご訪問、コメントありがとうございます。

手軽に旧型国電が楽しめるようになりましたね!
室内灯付けて、秋の夜長に短編成でトコトコと
プチジオラマ上でやるのもよさげです。
お奨めですよ~。^^

北斗星>
遂に終わっちゃいましたね・・・。
上りの最終が近所を通過する時間帯は公園の草取りでした。
(涙)

DDの北斗星ですがトレジャータウンのパーツ追加も良いですよ。
(クイックマーク仕様でなくなっちゃいますが・・・)

No title

こんばんは

テールライト部はすっきりと仕上がっているもののさらに手を加えたくなるところですね。「光の透過性を損なわないようにクリアレッドはスーパークリアを混ぜて」はこれから参考にさせていただきます。また、私も上記URLで引っ越し準備中です。

テールレンズの塗装

へのへのもへじ様

コメント有難うございます。
「目は口ほどにモノを言い」の言葉通りライトレンズ関連はパーツの要だと
個人的には思ってます。
レンズの色・艶・透明感・丸みを含めた出っ張り具合・・・毎度完成品を入手
するたびに気になって手を加えてます。
この流電のテールランプは照度がちょっと心配だったのでポッテリ半球状に
するとかなり暗くなりそうな気がして混色しました。
手を加えた後は照度のロスもなく、レンズが前に出てくることで少々明るくなった気がします。

取り敢えず

早いものでクモハ52の引退から37年が経とうとしています。今年の11月19日はボージョレ-の解禁日よりも流電引退記念日の印象で見たいのですが、まだKATO様は両先頭車とも流電の編成は出さないようですね。
来年早々に出るクモハユニは絶対に買おうとおもってますが、その後に狭窓、広窓とも両先頭流電の編成を出してくれることを信じて今は我慢です。狭窓流電に同じ狭窓2ドアのサハ48は飯田線旧国で最も好きな編成なので…

Re: 取り敢えず


ねこたろう様

始めまして。コメント有難うございます。
引退から40年近くも経っちゃうんですね。
KATOはこのクモハ52をどんなふうに展開するのでしょうかね?
最終的には5輛すべて出すのではないかと個人的には思ってます。
編成美を追求した狭窓4連・・・出て来そうな気もします。

飯田線シリーズは2輌セットもありお財布の衝撃も軽めなのが良いですよね。
ホントにある意味いい時代になりました。

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR