EF65 1100

KATO 3061-1 EF65 1000後期型 2011年5月初回ロットです。
ナンバーは1100を選択。
まさに国鉄型直流標準機関車の完成形。
ちょうど今再生産品が店頭に並んでますね。

DSCN7522-1.jpg






形式写真風に。
誘導員手摺は元穴を伸ばしランナーで埋め、0.2mmドリルで開口。0,2mm真鍮線で置き換えしています。

DSCN7525-1.jpg








反対側から。

DSCN7526-1.jpg








1エンド真正面から。
ジャンパ詮が印象的です。

DSCN7530-1.jpg








2エンド真正面から。

DSCN7531-1.jpg







真横から。
製造銘板は印刷積み。
ちょっと銀の印刷が心もとない・・・。

DSCN7527-1.jpg








製造銘板、ナンバー周りをアップで。
銀の印刷はもう少しきりっとしてほしいです。(TT)

DSCN7528-1.jpg







正面上方から。
都市伝説の如く鮮明な写真がほぼ見当たらない前方庇の上面はクリーム色です。
( ゚Д゚)

DSCN7535-1.jpg








真上から。

DSCN7534-1.jpg








ななめ前上方から。
パンタグラフはねずみ色1号で彩色。
スリ板は自家調合の銅色、関節を赤、碍子を白で色挿し。

DSCN7533-1.jpg








運転席回りアップ。
座席のモケットは青20号、運転室内機器はFS34227に青15号を混ぜています。

DSCN7540-1.jpg








非公式側からローアングルで。

DSCN7539-1.jpg







白黒変換してみました。

DSCN7524-2.jpg

DSCN7538-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブルトレ

こんにちわです。
昨日はありがとうございます。

1000番代、もうロット的には5年も前ですか。
500番代と並んで、東京口のブルトレ牽引機として風格を感じますね。
庇の上の色は、結局クリームで正解なんですか?(笑)
論争ありましたね~
私も当時写真をネットで探し回ったような気がするんですが、なかなかいい角度が無くて、もうどうでも良くなっちゃいました(^-^;

Re: ブルトレ

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
PFもリニューアルからもう5年も経っちゃうんですよね。
・・・最近時間が流れるのが早いです。(老化の証!?・滝汗)

PF>直線的な造形で「特にここが!」って形状ではないのですが整ったスタイルには惹かれます。
これもある意味機能美なんでしょうか。

庇の上部は塗装規定上どうだったんでしょうかね?!
・・・未だに解りません。
(^▽^;)

子供の頃のスーパースター

薫風さま

こんばんは!
ブルトレ牽引機が500番台から1000番台に代わった時は大興奮でした。
めちゃくちゃカッコよくて、初めて買った電気機関車の模型はEF65-1000でした。
ただし、、、、は首振り(笑)

新しくなってかっこ随分変わりましたね!
実はちゃんとチェックしてこなかったので、とても新鮮です。

ヒサシの都市伝説、いつか解明したいですね😬





Re: 子供の頃のスーパースター

まるお様

コメントありがとございます。
小学生時代、自身が産まれた時から走行していてちょっと草臥れかけた500番台からピッカピッカの新製機1000番台へバトンタッチされたのはかなりのインパクトでしたね。
丁度ブルトレブームのピークでしたでしょうか。
DLからELまで牽引機も今思えば百花繚乱って感じでしたね。
^^

私も初めて購入した機関車は当時新製品だったKATOのPFでした。
旧製品も良いですがファインもまた締まった印象で非常に良いですね。

庇は諸説紛々ですね~。
どちらも存在してますね。新製時、工場入場時で塗り替えられるのでしょうか。
(@_@。

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR