EF64 1020

KATO 3023-1 EF64 1000番台一般色 です。
車番は20番を選択。

DSCN7596-1.jpg






右向きローアングルで前方から。
誘導員手すりは元穴を伸ばしランナーで埋め、0.2mm真鍮線で置き換え。

DSCN7595-1.jpg








正面から。
解放梃は0.25mm真鍮線で自作。

DSCN7600-1.jpg








真横から。
左右非対称のフォルムが素敵。
側面に「 JR 」マークが無いのが好き。(←おっさんの証拠)

DSCN7605-1.jpg








前部上方から。

DSCN7601-1.jpg








斜め前上方から。
パンタグラフはマルチプライマーで処理後、ねずみ色1号で彩色。
摺り板を自家調合の銅色で、関節前方を赤で、碍子をつや消し白で彩色。

DSCN7597-1.jpg








真上から。

DSCN7608-1.jpg







側面中央部をアップで。
製造銘板はジオマトリクスのメタルインレットを使用。

DSCN7606-1.jpg








白黒変換してみました。
上野口のブルートレインも今は昔・・・。

DSCN7595-2.jpg

DSCN7613-1.jpg


懐かしのアルバムから1コマ追加。
車番は違えどEF64 1000牽引の「出羽」とEF65PF牽引の「あけぼの」が大宮駅で並びます。
今となっては夢のようなシーンです。
*昭和60(1985)年3月14日 撮影

DSCN7620-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

山の日に

おはようございます。

山の日に「山男」ですな。
これが最初に出た時に、全長もさることながら、なぜEF64と同じ系列にしたのか?と思いましたね。
最近でこそ、関西方面にもたまに顔を出してくれるようになったので、ときたま東海道本線で見かけます。

出羽のヘッドマーク、選択がまたしぶい・・・(^^♪

Re: 山の日に

がおう☆さん

いつもコメントありがとうございます。
最近パンタ塗装を6両ほど纏めて行い、ほか細部のちょっとした色挿しも施工したのでコレクション投稿が続いちゃいました。
投稿日はうまいこと山の日になっちゃいました。
^^

ロクヨンセンがデビューした時のインパクトは大きかったですね。ジャンパ栓受けがツインになったPFの顔に貨物塗装・前後非対称のヨーロピアンテイストなサイドビュー・Rの深い機器室屋根・・・。
沿線の小僧には特別な機関車でした。

出羽のトレインマークはブルトレとしてはちょっと変わった緑の強めな色使いでしたね。
思い出のアルバムから1コマ追加しておきました。
(^ω^)

夢のような時代

薫風さま

おっさん世代にとっての最新鋭!  車で言うならフル装備! 

JRマークが似合わない山男^^ 登場時の衝撃はエベレスト級でした。

客車列車や貨物列車があちこちで走っていた時代、電気機関車って身近な存在でしたよね。

追加の一枚  最高です^^

Re: 夢のような時代

まるお様

コメントありがとうございます。
1980年衝撃的なの登場でしたね。当時の「鉄道ファン」誌の折り込み形式写真に痺れたもんです。
製造初年のものは後から作業燈を追加したんでした。

貨物、ブルトレ、イベント列車と色々楽しめる稀有な車種でもありますね!

写真はもっと研究して真面目に沢山撮っておくべきでした。
後悔先に立たず・・・。
(涙)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR