高崎鉄道ふれあいデーへ。 (EF66 27に会いに行く)

毎年出かけようと思いつつ出掛けられなかった「高崎鉄道ふれあいデー」。
今年は 「EF66 27」が展示とのことでスケジュールを調整。行って来ました。
^^

DSC_7644.jpg







出店を抜けるとマルチプルタイタンパー、DD51 842、115系がお出迎え。
115系は快速の幕を揚げて室内搭乗が可能。
爽やかな秋空の下、窓を開けて外を眺める人、お弁当を食べる人・・・楽しみ方は十人十色です。

DSC_7925.jpg


DSC_7919.jpg







ロイヤルエンジンDD51 842は「DL碓氷」のマーク付けて展示。
前端梁の金色の栓が素敵です。
DSC_7941.jpg



順光で。
DSC_7931.jpg



秋の光にボンネット先端を輝かせて。
DSC_7942.jpg











EH500は7号機が展示。
ロープの配置が工夫されており、色々なアングルから撮影が出来ました。

左向きアイレベルから。
DSC_7682.jpg




真正面から。
DSC_7674.jpg



ローアングルから。
DSC_7911.jpg




秋空と金太郎。
DSC_7908.jpg









EH200はEH500と重連状態で初号機が展示。
DSC_7701.jpg




「Blue Thunder」のサイドロゴ
DSC_7692.jpg





逆光を利用して夜間画像風に。
DSC_7829.jpg









会場の一番奥には本日のお楽しみ車両群。
EF66 27、D51 498、EF60 19、EF65 501が鎮座しています。
DSC_7818.jpg




EF65 501とEF60 19の並び。
外嵌めランプへ改装されてはいるものの、昭和の名機ここにありという感じです。
DSC_7726.jpg





EF60 19とD51 498の並び。
DSC_7727.jpg





EF66 27とD51 498の並び。
イベント以外ではあり得ない組み合わせ。
DSC_7772.jpg


ちょっと右に向けて。
DSC_7807.jpg




EF65 501を真正面から。
ブルトレ牽引機の王者の風格を感じます。
DSC_7886.jpg




EF60 19を真正面から。
パーツ調達の問題なのでしょうが、スカートの通風口メッシュのキメが左右で違うんですね。
DSC_7880.jpg





D51 498を真正面から。
DSC_7777.jpg




EF66 27を真正面から。
大きな正面窓から運転室内が良く見えます。
DSC_7888.jpg



EF66 27を右向きで斜め前から。
もう少し横方向から取れると文句なしなのですがスペースの都合上このアングルが限界。
側板裾近辺に車体改造時の痕が反射により浮き出ています。
DSC_7805.jpg





正面パーツアップ。
正面ナンバープレートに付く「特急マーク」、縦型ライトケース、ライトケース間の飾りグリル。
EF66のトレードマークですね。
DSC_7877.jpg




露光間ズームで動表現してみました。
DSC_7858.jpg










そのまま帰宅しては勿体ないので高崎機関区までテクテク歩いて機関区の雰囲気と敷地外からの撮影を楽しみました。
お召し予備機のDD51 895のキャブをサイドから。
DSC_8013.jpg





道路から工場内も見られます。
DSC_7970.jpg




115系を敷地外から。
金網越しでも望遠なので網は写りませんね。^^
DSC_7986.jpg




パンタを降ろしてPFとブルサンが並びます。
DSC_7984.jpg





解放した踏切から。
高崎第二機関区の敷地でまどろむEF64 1001。30数年前の機関区一般公開を懐かしく思い出します。
DSC_8005.jpg





建物脇に止まるEH200-901。
DSC_7973.jpg





架線の終端部のポール。
DSC_7982.jpg




DD51の連なり。
迫力があります。
DSC_8011.jpg

DSC_8003.jpg



茶色塗装のDE10 1705
DSC_7997.jpg





キハ110と給油設備、E231、115系・・・堪りませんな。
DSC_8022.jpg




構内の渡り板。
「指差喚呼」の文字が斜陽に反射しています。
DSC_7959.jpg





ふれあいデーの会場配布品。
場内案内の中身はナント、「自由帳」になっています。
小さいお子様には特にウケが良さそうです。
(≧▽≦)
DSCN8033.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

EHの逆光好きです。


ノグさんも来るかと・・・?

かっこいい

こんにちわです。

EH500は、この初期のエンジ色の方が重厚感があって良いと思うんですが、今は赤になっちゃってますね。
もう青函も通れないので、機能的に残念です。
関門にも居ますが、もっと直通運用で関西にも来てくれると良いんですが・・・(笑)

EF66はやっぱりオリジナルがナンバーワン!(^^♪
ブルトレ等を牽く前、貨物車でこのスタイルは有り得ん!と言いながら、大好きな機関車でした。

Re: No title

waratetsu様

コメントありがとうございます。
EHは展示位置の関係上逆光ほぼ逆光でしか撮れなかったので、条件を逆手に取って画像に残してみました。

のんびりしてたらチケットの有効期間が来ちゃいそうなので企画展があるうちに蕨詣しようと思ってます。
m(__)m

Re: かっこいい

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
金太郎の塗色も初期深い紅色のが好いですよね。個人的には試作機と極初期のライトカバーが下向きのが好き。

66原色は堪らなくかっこいいですよね。
その存在を知ってからすでに40年以上の月日が経ってしまいましたが、未だに一番好きな電気機関車です。
真正面からその姿をカメラに収めたのは高校2年生の時訪問した高崎第二機関区の公開以来30年以上ぶりでした。
(^^;)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR