T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その1 ベースが到着

Nゲージ関連のクラブや走行会、モジュールにちょっと興味があるものの、手を出していなかった分野。
2016年末、ネットサーフィン中にKATOのHPで目にした 「T-TRAKコンテスト」。
http://www.t-trak.jp/
ダブルサイズでエントリーしてみました。
(^▽^;)
ゆうパックの代着で先程「ブツ」が到着。

*到着直後の姿。

DSCN8359-2.jpg


ワクワクしながら「プチプチ」を撤去。

DSCN8360-1.jpg










ダンボール紙を除去するとボードが出てきます。

DSCN8361-2.jpg








クルリとひっくり返すと裏側にはパーツの詰め合わせがあります。

DSCN8363-1.jpg









パーツの詰め合わせの袋。

DSCN8364-1.jpg









袋を開封してみます。
フィーダー線が2本。 高さ調節のボルトが4本。
レールは複線タイプ(62×2+248×2)が入ってます。
L字型の木片はレール固定の位置決め冶具です。
T-TRAKの標準規定ではボード端からユニトラックの道床裾まで38mmだとか・・・。

DSCN8365-1.jpg








ボード裏面の高さ調節ボルトの受けナット。

DSCN8367-1.jpg








ボード内側のベニヤ板についていた烙印。
Made in Japan なのね・・・。

DSCN8368-1.jpg








付属の説明書。
期日までに楽しみながらもしっかり完成させて出展したいと思います。
(・ω・)ノ

DSCN8366-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

コンテスト

おはようございます。

おーコンテスト出品ですか(^-^;
-薫風-さんのジオラマはいつも素晴らしい作品なので、今度の挑戦、期待してます。
ここで見て、KATOのホームページを見てきましたが、こんな事をやっていたんですね。知りませんでした(笑)
どんな風景が展開するのか、非常に楽しみです(^^)/

Re: コンテスト

がおう☆さん

いつもコメントありがとうございます。
コンテストと言っても私の場合はオリンピック精神でして・・・。
実際のジオラマ工作をしていらっしゃる方々の作品を生で拝見しつつ色々お話なんかが出来たら楽しいだろうなとエントリーしてみました。

製作物は実験的要素満載だったプチジオラマのターンテーブル、木造機関庫とエクステンション(走行部)を一枚に纏めたもにする予定です。
ある意味再作成というかおさらい的なものになるのですが、楽しく・苦しみつつ期日までに完成させようと思います。
(;^ω^)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR