T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その6 ターンテーブル・機関庫基本塗装

下塗りの完了したターンテーブルの桁パーツ。
今日は上塗りの基本塗装から。
まずは操作小屋窓枠の彩色。ウッドブラウンでエアブラシしました。

DSCN8661-1.jpg






ウッドブラウンが吹けたら窓枠をマスキングします。

DSCN8662-1.jpg









続いて本体を緑2号で塗装します。

DSCN8663-1.jpg










操作小屋の塗装が出来たら桁本体の塗装へ移ります。
同じく緑2号で彩色していくます。

DSCN8664-1.jpg










緑2号の吹きあがり状態。
艶々の新製直後のようです。

DSCN8666-1.jpg










緑2号の上からダークグリーンでトーンを変化させ、桁の裾および補強部をオリーブグリーンで暈します。
続いて上方をグリーンFS34227で暈して退色を表現します。

DSCN8667-1.jpg










桁パーツの基本塗装吹きあがりの状態。

DSCN8668-1.jpg










操作小屋も同様に塗装。
塗料が乾燥したらマスキングを剥します。

DSCN8669-1.jpg









基本塗装が完了して仮組。

DSCN8670-1.jpg









続いて木造機関庫の基本塗装。
屋根パーツの破風板、軒天をぶどう色1号で彩色。
ぶどう色が乾いたら破風板をマスキングして屋根上面をジャーマングレーで彩色します。

DSCN8672-1.jpg










続いて本体も同様にぶどう色1号で彩色します。
軽快なキャラメル色からこげ茶に染まっていきます。重厚感が増します。

DSCN8673-1.jpg










機関庫の基本塗装の完了状態。
単色でちょっと重々しいですが退色表現でどこまで変わるのか楽しみです。

DSCN8675-1.jpg










桁と機関庫の基本塗装の完了状態。

DSCN8679-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

基本塗装

こんにちわです。

基本塗装、おつかれさまでした(^^)/
やっぱり色を暈して重ねるあたりは、エアブラシの妙ですね~。
この状態でも、思わずうっとりしてしまいます。
私も本格的な建物の建設までには、導入したい気持ちが強くなります。

Re: 基本塗装


がおう☆さん

いつもコメント有難うございます。
グラデーション塗装はエアブラシがあると手軽にできて大変助かります。
勿論なくてもできる方はいらっしゃいますし、エナメルや水溶性アクリルのシャバシャバでの仕上げも楽しいのですが、私には不可欠のアイテムです。
続いて機関庫本体と屋根上の草臥れ表現に活躍してもらおうと思います。
(^▽^)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR