T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その11 屋根瓦彩色ほか

屋根の基本塗装が完了した機関区建物。
瓦屋根のアクセント塗装に移ります。
ザラッとした質感のセメント瓦。一枚ずつ微妙に色が違います。
単色塗装ではもったいないのでアクセントを付けます。
*写真は渡良瀬渓谷鉄道 足尾駅の屋根です。

DSCN8941-1.jpg










エアブラシで基本塗装を終えましたが、1枚毎にジャーマングレー、ダークグレーで彩色していきます。
多少のムラ、はみだしは気にせず(他の色で補正できるしウェザリングで目立たなくなります)、どんどんランダムに塗っていきます。

DSCN8958-1.jpg











更にねずみ色1号でトーンを増やします。

DSCN8959-1.jpg











瓦のトーン塗装完了
雨樋もねずみ色1号で彩色しました。

DSCN8960-1.jpg











その上から極薄エナメルのフラットブラックでウォッシュします。機関庫の屋根も同様に処理。重厚感が増します。

DSCN8961-1.jpg









その上からねずみ色1号でドライブラシします。
もう少し重厚感が欲しい部位は途中でも田宮模型の墨入れ塗料で処理。軽く乾かしてさらにドライブラシします。

DSCN8962-1.jpg








上方の瓦の重量感、やや下側のコケや雨浸みのトーンが出たでしょうか!?

DSCN8964-1.jpg








つづいて「 油庫 」のレンガの壁面処理。
基本塗装はレッドブラウンで処理しましたが、レンガ1枚ごとのトーンの違いを再現しておきます。
オキサイドレッド、赤2号、艦底色、朱色4号単色、及び前記の混色でレンガを適宜塗ります。
多少のはみ出しは気にしなくても大丈夫です。

DSCN8965-1.jpg









レンガのトーンが塗れたらば、エナメルのニュートラルグレーをモルタル部に塗り込み、レンガ表面部分を拭き取ります。

DSCN8966-1.jpg









現在の姿。
前回最後の画像からは多少細密感が増したと思います。
(個人の感覚・・・滝汗)

DSCN8968-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR