T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その12 木部退色表現

屋根パーツの塗装が完了し、続いて建物壁面木部の退色表現です。
マスキングして目のつまりの異なる木部を彩色します。

DSCN8974-1.jpg



機関庫入口、角、側面の横桟をぶどう色2号で彩色します。

DSCN8976-1.jpg









ぶどう色2号の吹きあがり。
1号に比べるとこんなに赤味が強いんですね。(汗)

DSCN8977-1.jpg









続いて木部の退色表現です。
ぶどう色2号にねずみ色1号を混合します。
紙に吹いてみるとこんな色なのですが、ぶどう色1号の上に吹き付けると何とも言えない油っ気の抜けた木材のような発色をします。

DSCN8980-1.jpg









マスキングして下段、上段と分けてトーンを付けました。

DSCN8981-1.jpg










マスキングを剥すのも楽しい工程です。

DSCN8982-1.jpg









機関庫木部の吹きあがり状態。
煙突は黒サフェーサー、つや消し黒、ジャーマングレー、オキサイドレッド、レッドブラン、黄錆色、ダークグレーで塗装して取り付けました。

DSCN8992-1.jpg










機関庫が塗れたら機関庫建物を・・・。
先週剥してしまったマスキングですが、再度切り出して窓に貼り付けます。(あほ)

DSCN8983-1.jpg








窓枠内側をマスキングしてぶどう色1号+ねずみ色1号の混色を吹き付けます。

DSCN8984-1.jpg










マスキングを剥した状態。
窓枠下方の壁面は雨染みの関係で退色しにくいのでこの塗装に違和感があるかもしれませんが、この後ダークアースを吹き付けることで埃の付着に化ける予定です。

DSCN8985-1.jpg










更に全体に退色塗装します。

DSCN8986-1.jpg










物置の吹きあがり状態。

DSCN8989-1.jpg










少々明るすぎるかな・・・。
つや消しクリアでトップコート。
続いて軽くつや消し黒でウォッシュ予定。

DSCN8991-1.jpg










現在の建物関連パーツの状態。
だいぶやれた感じになりました。

DSCN8988-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

マスキング

こんにちわです。

マスキングを剥がすタイミングは堪らないでしょうね~(^-^;
どのタイミングで剥がすのか?決めとかないと再度貼る手間になっちゃうんですね。
良く覚えておきます(笑)
いつもながら、ため息の出る色具合ですね。

しかし、ぶどう1号・2号にこれほどの差があるとは驚きでした(^^)/

Re: マスキング

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
車両でも、建物でもマスキングを剥す瞬間はワクワクしますよね!
この日だけで何度ワクワクしたか数え切れません。
縦方向の雨樋もマスキングでやってしまいました。


工程をもっとよく考えて前回は剥すのを我慢しとくべきでした。(どあほ)

ぶどう色は1号2号でここまで色彩が異なるとは塗りあがるまで意識してませんでした。
退色や埃の表現って奥が深いですね。まだまだ精進しないといけません。
(^▽^;)

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR