スワローの相棒がやってきた

予算の都合で初回生産時に購入できなかったKATOの北海道型C62。
この6月はやっとC62 2 ・ C62 3が再生産。
先行出荷となった 2017-3 C62 3 北海道型を買ってきました。

DSCN9014-1.jpg










形式写真風に。
初回品との相違点はケースへの収納方式が最近の新製品同様インサートをベロごと引き出すタイプへ変更になったこと程度でしょうか。
他のKATO蒸機と違い黒塗装の中にメタリックの粒子らしきものが混合されているのも独特です。
その塗装の反射のせいなのか、光の加減によってはIMON製完成品で謂うところの「シンガーフィニッシュ」風に見えますね。
・・・とはいえ足回りの成型は真っ黒です。
(;^ω^)

DSCN9011-1.jpg









真正面から。
スノープラウ、副燈のシールドビーム、ナンバープレート上の標識燈掛けが厳つい印象です。

DSCN9015-1.jpg









公式側 真横から。
ランボード脇の配管も別パーツで再現されています。
空気作用管にはバッチリ銅色が入ってますが、逆に配管止めの表現が付いていないのが目立っちゃいます。
ここは後で手を入れようかな。
空気圧縮機の飾り帯も色挿しされてたんですね。

DSCN9021-1.jpg










非公式側真横から。
ATS車上子は昔ながらの・・・スペースには余裕があるので社外品に置き換えようか・・・。

DSCN9022-1.jpg










真後ろから。
フード付きの前照灯が厳寒地仕様を主張します。
2号機、3号機で作り分けしているクレーンフックもいい感じです。

DSCN9020-1.jpg









前部上方から。
回転火の粉止め、ドーム前手摺も北海道仕様らしいです。

DSCN9027-1.jpg








後部上方から。
重油タンクも車番ごとに作り分けされてるそうで・・・。
取り付けは床から浮いてたんですね。直付けかと思ってました。(あほ)

DSCN9032-1.jpg








真上から。

DSCN9031-1.jpg










非公式側後方から全景。

DSCN9025-1.jpg









キャブ回り。
密閉キャブがきっちり再現されています。
KATOのC62はこの商品から従台車上部から向こうが見えちゃう仕様になったのが少々残念。
山陽タイプでは車体表記も入るようになりましたが、北海道型は従来通りなし。
・・・ここは残念というよりも最近の商品の高度化と進歩の速さに感心してしまいます。

DSCN9034-1.jpg









カラーバランスを弄って遊んでみました。

DSCN9037-1.jpg


C62 2も発売次第入手しよう。
(≧▽≦)









いつも通りに白黒変換。
現役当時の姿をこの目とフィルムに焼き付けたいと妄想するのは私だけではないでしょう・・・!?

DSCN9014-2.jpg


DSCN9025-2.jpg


DSCN9015-2.jpg


DSCN9016-1.jpg


DSCN9017-1.jpg


DSCN9037-2.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

来ましたね

おはようございます。

来ましたねC62-3号機。
どうやら本当に単なる再生産のようですね。
初期ロットで2号機・3号機を持っている私としては、改良されると厳しいところでしたが・・・(笑)

従台車の上の空間を埋める方法は、蒸気神サイトのこちらで紹介されています。
私もこれに倣って、はがきで作って処置しています。
ご参考にどうぞ(^^)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~toyoyasu/c622ktn_h1.htm

お持ちでしたか (^▽^;)

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
お持ちでしたか!オヤジには外せないアイテムですものね。
初回品生産時にはニセコ編成と共にフィーバー状態だった記憶があります。
発売当初から向こう側がスケスケになってしまったことも話題になりましたよね。
「神サイト」の記事は私もチェックしておりました。
・・・それにしてもどうしてこの構造になってしまったんでしょうかね~?

それを差し引いても魅力的な商品ですよね!
早く2号機も店頭に並ばないかな。
(*^▽^*)

どうせ再販するなら

こんにちは
ようやく再販ですね。
蒸機は部品点数が多いので再度製造するまで間隔が長くなりがち、とKATOの担当さんが雑誌で述べていましたね。
しかし、どうせ再販するならば作用管抑えの表現、従台車の隙間、いい加減なATS表現の改良。
これくらいはやって欲しかったなと思いました。
我が屋のKATOテンダーにはマイクロトレインズ#902をセットするのが定番です。
無加工で取り付けられますし、相当小型化され格好よくなります。
勿論、牽引・連結・解放は全く問題なく可能です。
毎度老婆心で恐縮です。

Re: どうせ再販するなら

渋谷の源ちゃん様

コメントありがとうございます。
素敵な商品なだけに、気に入らないところが却って気になってしまいますね。
それにしてもナンバーの選択できる北海道形は配管止めディテールがあるのに特定番号の2,3は省略ってのが更に不思議です。
最終的にはパーティングラインを研磨・消去の際にディテール追加しようと思ってます。

Zゲージ用のケーディーカプラーはかなりそそられるアイテムですが、うちの運転環境では自動解放、遅延解放ともに無用の長物と自分に言い聞かせ我慢しております。
^^
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR