T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その16 機関庫基礎の塗装

線路配置の完了したT-TRAK。
今日は機関庫の基礎部分のとそうから。
まずはレール頭頂部を1mm幅に切り出したマスキングテープでマスクします。
つづいてボードの枠も部分的にマスクしておきます。

DSCN9107-1.jpg



まずはガイアカラーの黒サフェーサーで全体を塗装します。

DSCN9108-1.jpg










つづいて明部と暗部を意識しながらダークグレーでトーンを付けています。

DSCN9110-1.jpg










ダークグレーに続いてねずみ色1号で基礎部分にトーンを追加。

DSCN9111-1.jpg










更に基礎部分の外周部分はセールカラーで色彩調整します。

DSCN9112-1.jpg










庫内にレッドブラウンを吹いた状態。
先に吹いておいたグレー系の塗色の上がレッドブラウンに発色します。
グレーの濃かった部分は微妙なさび色に染まります。

DSCN9113-1.jpg










木造機関庫を仮置きしてみます。
上から構造物が載ってしまうとほとんど真っ黒って感じ。
光が差し込むと良い色味なのですが・・・調整は最後にすることにします。

DSCN9116-1.jpg










続いて建物の基礎部分の塗装を。
ベースの上からねずみ色1号を斑吹きします。
これも最終調整は後にします。

DSCN9118-1.jpg









建物の基礎部分の塗装が出来上がったらベースボードに木工用接着剤で取り付けます。

DSCN9119-1.jpg











続いて小物を塗装。
木部はぶどう色1号で塗装してねずみ色1号を混合して退色表現。
変圧柱のフレームはジャーマングレー、電柱のアームはねずみ色1号。

DSCN9120-1.jpg










仮配置してみました。

DSCN9121-1.jpg










視線を少々下げてみます。
高さ方向のごちゃごちゃ感が出て多少リアリティが上がります。
次は電飾準備です。

DSCN9122-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

電柱

こんにちわです。

電柱の効果って、侮れないですねー
手前の本線上の架線柱から、奥の機関区に何も電柱類が無ければ、非常に空間が寂しくなりますね。
それほど効果の大きいものなんだと認識させられます。

建物・ベースなどの彩色も絶句するほど(笑)に素晴らしいのですが、それを生かす駒としての林立する電柱類・・・
ジオラマって、やはり空間を創造するものなんですね。
これは電線も張ってはいかがでしょう(^-^;
いや、もう予定されているかも知れませんね。
失礼いたしました(^^)

Re: 電柱

がおう☆さん

いつもコメントありがとうございます。
たかだか50mm程度の地上構築物ですが細密感が高まりますよね。
更に碍子を白で色挿しして、ウェザリングも施せば更に良くなると思います。

電線張りは非常に繊細な寸法採りが必要なので手が出せませんが、ターンテーブルへの給電配線だけは当初から表現するつもりでした・・・それ用の電柱のポジションを何処に置くか何度も配置を調整しました。
配線の取り付けは最後になりますが・・・。

あとひと月で何とか完成まで漕ぎつけなければ!・・・ちょっと焦ってます。
(;^ω^)


プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR