T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その17 建物の電飾

やっと形になって来たT-TRAK。
今日から電飾の下作業です。

建物の基礎から延びるねじ止め台座。
そのまま電飾すると室内に煙突のような物体が丸見えになりそうな為、撤去しました。
当初は模型用ノコギリで切除しようとも思いましたが、下方の切除には手間と基礎損傷のリスクがあると判断。
出っ張りを前後左右にグリグリして台座の基部から応力集中でもぎ取りました。
(なんとも野蛮・・・・)
切り口は綺麗にならして、1mmプラ板をグレーに塗装したもので塞ぎました。

DSCN9130-1.jpg






続いてチップLEDの配線です。
厚いボール紙に両面テープで1608チップLEDを16個止めます。

DSCN9132-1.jpg








このところ量販店ではトンとお見かけしなかったこばるの赤い0.1mmポリウレタン銅線。巣鴨の「さかつう」さんの店頭で見つけて入手してきました。ちょとお高いのですが極性が判り易くて今回は使いたかったんです。
ラッキー。

DSCN9131-1.jpg








チップLEDの電極、ポリウレタン銅線共に半田メッキを施してから処理しました。

DSCN9133-1.jpg








はんだ付けが完了したら、コードを捩じります。

DSCN9134-1.jpg








建物に取り付けていきます。
透け防止と光の拡散を狙って天井にセメダイン 「ラピー」を両面テープで貼り付け(ラピー自体の粘着力が弱いので)。
その上に両面テープでチップLEDを取り付けます。
配線は見えに難いように角のガラスパーツ同士の溝に押し込みます。

DSCN9135-1.jpg








機関庫にはLEDを4個配置。
配線は極力見えないように天井パーツと建物の骨組みでサンドイッチしました。
地面下へ這わす配線は機関庫正面の柱中央の溝に這わせ更に溝にはブドウ色1号で塗装した0.5mmプラ版で蓋をしました。

DSCN9136-1.jpg







機関庫にガラスパーツを取り付けます。
そのまま取り付けると機関庫内部の側壁がクリアパーツでテカってしまうので、窓ガラス裏側をマスキング。
ガラス部分の上下をブドウ色1号で塗装します。

DSCN9137-1.jpg







片方にガラスを取り付けてみました。
こんなパーツが「パチン!」という音と共にサッシに嵌るのですから凄いパーツ精度です。
KATO恐るべし!

DSCN9138-1.jpg








全てのガラスが嵌りました。
建物に命が入った気がします。
(≧▽≦)

DSCN9139-1.jpg








機関庫の内側を見てみます。
ガラスパーツの上下を塗装したおかげでガラスはガラス・壁面は壁面とメリハリが付きました。

DSCN9140-1.jpg








仮置き状態ですが現在の姿。
次は構内照明灯の工作です。
・・・あと1カ月で完成するのかちょっと不安。
(^▽^;)

DSCN9142-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR