T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その22 緑化&小物の取り付け

締め切りが近くなって来た T-TRAK。
ちょこちょこと進めていきます。
ターンテーブルの桁に送電ケーブルを取り付けます。
0.1mmポリウレタン線を2本捩じったものを使用。
両端の電柱の開口部に差し込み瞬間接着剤で固定します。固定後はジャーマングレーで彩色。

DSCN9208-1.jpg






続いて緑化。
KATOの新商品を実戦投入しようと目論んでましたが、試作で思ったほどの繊維の立ち上がりが無く、虫取りラケットを改造した静電気発生装置の作成もちょっと時間が足りなそうなためスパッとあきらめ・・・。(あほ)
今まで通り、ターフを使用しました。
('ω')

DSCN9209-1.jpg








薄めのボンド水溶液を地面に滴下し、極少量づつターフを散布していきます。
機関庫の後部は引きがないのでレールへ少々接近させました。
*白で彩色した車止めはすっかり錆色に染まり貫禄が付きました。

DSCN9210-1.jpg








機関庫の側面奥側も薄めに散布。
資料写真を観察すると、機関区構内には殆ど草が見られなかったため散布は最小限にとどめました。

DSCN9211-1.jpg








三角地帯にも少量散布。
本線向こうの鉄路柵の根元にも散布します。

DSCN9212-1.jpg










機関区詰所の脇には当初ソテツを植えて南国風にしようと妄想してましたが、スペースに余裕がないため、代替品としてこれも非常に興味のあった海外製のひまわりキット(BUSCHI社製・さかつうさんで購入)を使用することにしました。
おしべ以外は整形色で塗装の必要はありませんが、あえてビビットな色彩にしたくて、花ビラパーツを黄橙色で彩色。葉と茎は極薄のオリーブグリーンでウヲッシュしました。

DSCN9213-1.jpg








花びらパーツに茎パーツを取り付けます。

DSCN9214-1.jpg








花びらを切り出せばひまわりの出来上がり。
1箱に96本分入ってますが今回は24本分を使用。

DSCN9215-1.jpg








地面に直接穴を開けて植え付けようと思いましたが、あまりに難しくてベースに取り付けてからベースをモジュールに貼り付ける方法にしました。

DSCN9216-1.jpg









せっかく出来上がった詰所脇のスペースですが掘り起こしてベースを埋め込み、上部をターフで処理しました。
うす暗い彩色の構内がパッと明るくなった気がします。
(^ω^)

DSCN9217-1.jpg








続いて構内看板の設置。
一旦停止、指差し確認、構内徐行の看板を配置。
小さな部品ですが工作物が増えると細密感が高まります。

DSCN9218-1.jpg








現在のターンテーブル周り。
あとは全体の調子を見ながらウェザリングして、裏面の電気配線を結合すれば完成です。
現状でも展示には問題ない状態になりました。
(^▽^)

DSCN9219-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ひまわり

こんにちわです。

ひまわり、これは良いアクセントになりますね。
こんなキットもあるんですか(^^)
良く構内には、みんなで管理するのか?こんな花壇があったりしますね。
水やりは当番で・・・なんて。

KATOの新繁茂は、ボトルの静電気だけでは上手く立ちませんか?
ノッホのでしたか、あれを売るのは辞めたようですね。高過ぎました。
私も殺虫ラケットを冬の投げ売りの時に買いましたが、まだ加工をせずにしまってあります。
こんな作業は、まだまだ先ですからね~

No title

いや~素晴らしい出来上がりになってきましたね~建物の質感と言いC型車止めの感じと言い申し分ないですね 目の保養をさせて頂きました (^^

Re: ひまわり

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
構内の植栽ってよく見かけますよね。
水やりは「当番」でしょうかね?それとも「いきもの係」があったのでしょうかね?
^^
キットの中にミニカタログのような折り畳みの紙が封入されており、他にも野菜やらお花なんかもあるみたいです。
「繁茂」は素の状態で最大限静電気を起こしてやろうと昔、下敷きで頭を擦ったようにしてみましたが達人芝のようにビンビンにはなりませんでした。失敗を避けるために今回は多少なりとも使い慣れたものを使用しました。
(逃げ・・・恥)

ウチも2か月ほど前にトステムビバで400円弱の殺虫ラケットを購入済みなので後で試してみようと思います。
(^▽^)

Re: No title

トータン様

コメントありがとうございます。
このところ週末の空き時間の殆どを費やして追い込んだ甲斐あって何とか形になりました。
残るは電飾の配線とキャリングケースの作成となりました。

車止めは最後にちょこちょこと筆で弄んでやろうと思ってましたが、地面用に吹いた塗料を被り気が付いたら既に出来上がってしまってました。
(^▽^;)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR