T-TRAK CONTEST 2017 にエントリーしました  その23 完成

半年の時間を費やして(振り返ってみたら結構さぼってる・・・汗)製作してきたT-TRAK。
最後の仕上げです。
(*'ω'*)

裏面のLED配線をすべて並列ではんだ付け。18mAのCRDを使用しました。
LEDは16発仕込んであるので、1球あたり1mA少々。
充分な明るさです。(配線画像は省略・汗)
コードはコネクターを設置してレールからの給電以外に電池から給電できる準備をしておきました。

前回散布した鉄道柵のターフを着色して「 アカツメクサ 」、「 昼顔 」を再現します。
ターフに白サフェーサーを面相筆で塗布して、更に白サフェーサーにクリアレッドを混ぜた塗料で彩色しました。
因みにこの部分はアスファルト舗装の路肩部分で砂利の設定です。
・・・昔はよく見られましたよね。

DSCN9238-1.jpg



続いて架線柱のトラスに錆表現。
柱の部分も進行方向裏面に錆汁の飛散を表現しておきます。

DSCN9239-1.jpg








ターンテーブルの桁部分にも更に錆表現を加えます。
最後に木造機関庫の妻面へガイアの黒サフェーサーで煤表現を描き込みました。

DSCN9240-1.jpg











最後に運搬用保護ケースを作ります。
市販のダンボール箱を使用。
箱の中で作品が暴れてしまうと破損のリスクが高まりますが、底面の高さ調整ねじを活用して、ケースに T-TRAKを固定できるようにしてみました。
ネジ部分のダンボールが破損しないように2mmプラボードで作成したワッシャーを介して取り付けます。
ダンボールの蓋部分にはガムテープを貼り付け、その上から貼った密封用ガムテープを何度も貼り直しができる構造としました。
これで長々と製作してきたT-TRAKモジュールの完成です。

DSCN9241-1.jpg


DSCN9246-1.jpg











会場では照明が目立たないと思いますので、暗くした状態での画像を貼り付けます。
他の完成画像はT-TRAK CONTESTの後に投稿しようと思います。


機関庫裏 車止めをアップで。
DSCN9266-2.jpg


暗くして機関庫脇の留置線から。
DSCN9221-1.jpg


機関庫奥側から。
DSCN9223-1.jpg


ターンテーブル側から機関庫を望む。
DSCN9232-1.jpg


木造機関庫をアップで。
DSCN9254-1.jpg


機関庫側からターンテーブル方向を望む。
DSCN9257-1.jpg


ターンテーブル桁部分アップで。
DSCN9260-1.jpg


ターンテーブルを側面から。
DSCN9274-1.jpg

では、現地でお会いできることを楽しみにしております。
*搬入出来れば・・・。
(^▽^)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR