FC2ブログ

KATO 3084 ED62 セットアップ

先日購入した KATOのED62。
今日はセットアップです。
DSCN9970-1.jpg







早速分解します。
今回、下回りのパーツの透けが気になるので台車も分解してしまします。
DSCN9974-1.jpg










ガイアのマルチプライマーで処理後、台車は鉄道用黒で、パンタはねずみ色1号を吹きました。
黒のキリっと締まった足回りとなりました。
DSCN9975-1.jpg









今回、余剰になっていたこのタブレットプロテクターパーツも使います。
DSCN9976-1.jpg









切り出したらモリタの青15号で塗り替えました。
DSCN9979-1.jpg









いつも通りに誘導員手すりを金属線に置き換えます。
まずは伸ばしランナーを作成。
DSCN9980-1.jpg









続いて伸ばしランナーを手摺取り付け穴に押し込みます。
ぐっと引っ張っても奥に入らない位置を確認しておきます。
DSCN9981-1.jpg









一度押し込んだ伸ばしランナーを引き抜き、サンドペーペーを使用して固定位地になる部分の断面を丸く研磨します。
意外とランナーの断面って綺麗な円になっていないことが多いですよね。
DSCN9982-1.jpg









断面が丸くなったら固定位置をナイフで切断。切断面は荒れていたら平滑に整えます。
DSCN9983-1.jpg









断面が綺麗に仕上がったら、車体と面一になるように調整します。
位置が決まったら裏側から流し込み接着剤で固定します。
接着剤が乾くまでしばしほかの作業を進めます。
DSCN9985-1.jpg









接着剤が乾いたら裏側に飛び出したランナーを切除。
続いてランナーの中央をポンチ打ちして0.2mmドリルで開口します。
DSCN9986-1.jpg









開口出来たら未着色の伸ばしランナーを彩色します。
下側のランナーは下半分が青、上半分がクリームでちょっと面倒。
DSCN9988-1.jpg









タッチアップが出来たら0.2mm真鍮線で手すりを作成します。
今回の手摺の長さは芯々2.0mm。
線径0.2mmですから内寸1.8mmに折り曲げます。
折り曲げたらボディに差し込み位置を調整。
位置が決まったら裏側から瞬間接着剤で固定します。裏側の余分なハミ出しはカットしておきます。
DSCN9989-1.jpg









手摺の固定が出来たらメタルプライマーで処理して、薄めの塗料で手摺を彩色します。乾燥と塗装を繰り返します。
今回、手摺の下側の基部と足掛けのクリアランスが非常に狭いので、養生しながら塗装しました。
DSCN9991-1.jpg









内装は機器類をグリーンFS34227+青15号の混色で、運転席のモケットを青20号で塗装。
DSCN9993-1.jpg









パンタグラフはスリ板を自家調合の銅色で、碍子をエナメルの艶消し白で彩色。
ディテールの怠い信号炎管は銀河モデルのパーツに置き換えます。
DSCN9994-1.jpg









最後にタブレットプロテクターを取り付け。接着はゴム系ボンドGクリアをエナメル塗料用溶剤で緩めたものを使用。
車番はタブレットの廃止後もプロテクターを付けたままだった「 3 」号機をチョイス。
・・・設定年代が広く取れます。
DSCN9995-1.jpg









セットアップ完了後の姿。
手摺が細くなり良いお顔になった気がします。(自己満足)
足回りの透けも解消されました。
DSCN9999-1.jpg



DSCN0001-1.jpg



DSCN0005-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

匠のなせる技!

こんにちは!
ご無沙汰しております。

近々、とある模型店に予約しておりましたED62を引き取りに行く予定なのですが
下回りの質感があまりにもプラスティッキーなのに驚いております。
やはり分解して黒を吹きつけるしかないか。。。

手摺取り付けの記事、大変参考になりました。
真鍮線の加工もさることながら
車体側の前処理をしっかりなされていることがよくわかりました。

うーん。。。これはスゴイ!
まさに匠のなせる技。。。ですね!

ここまでできたらなあ。。。なんて思っております。

どなたにも出来ますよ ^^

たいやきやいた 様

コメントありがとうございます。
下回りのプラの質感は今回どうしてこんななのか不思議ですよね。
どなたの投稿写真を見ても透け感高いです。
でも塗装してやるとシャープなディテールが浮き出てくるので、面倒ですが今回は塗装処理をお奨めします。
パーツの構成もトリッキーなところがなく安心して分解・組立ができると思います。・・・この辺にもKATOの凄さを感じます。

手摺の加工はT-TRAKコンテストの会場内でちょこっとお話しさせていただきましたが、そのまんまの手順・方法+写真で投稿してみました。この方法が作業中の破・汚損リスクが最も少なく仕上がりも綺麗だと思います。
元穴を埋めたパーツを接着するまでは何度でもやり直しができます。

手順通り・気持ちに余裕をもって作業すればどなたでもこの程度は出来ます。
トライしてみてください。
(^▽^)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR