T-TRAK CONTEST 2018 にエントリーしました その2 (ボードの塗装)

期末を越えた4月1日。
前週、到着したボードに5mm角の檜材で縁取りをしました。
今週はボードの塗装であります。

まずは木工の基本通り、ボードの側面を240番のサンドペーパーで軽く研ぎ、との粉を塗布して研磨しました。
昨年、本年とやってみての感想ですが、との粉での処理は省略しても良い気がします。
・・・との粉を研磨する際、更に側面の合板がササクレてしまう気がします。
作業中、見事にササクレが手に刺さり・・・画像は省略しますが、製作中・完成後の安全性や美観の為にも表面塗装は絶対のお奨めです。

表面の処理が完了したら、昨年同様に水性のウレタンカラーニスで塗装します。
色はメイプルを使用しました。
DSCN1116-1.jpg









いきなり塗りあがりの画像。
との粉の飛散、塗料の飛び散りリスクにカメラを晒したくないので・・・。
(^▽^;)

大人の製作物的な雰囲気は纏ったかな。(完成する内容は別にして・滝汗)
DSCN1117-1.jpg



DSCN1118-1.jpg



DSCN1119-1.jpg

そんなわけで、8月の展示に向けて製作を続けます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

インテリア

おはようございます。

台枠がピッカピカ(笑)
もはや台枠では無く、インテリアでしょう~(^^)/
私も最後に外回りはキレイにしてあげようと思います。
でも一体いつの事やら・・・(爆)
今年はどんな情景で行かれるのか・・・楽しみです。
製作頑張ってください!(^^)

Re: インテリア

がおう☆さん

コメントありがとうございます。
ピッカピカでしょ。^^
強度と寸法の狂いの無さの関係でこの積層合板なんでしょうが、
何とも見映え、安全性、材料としての安定性が悲しい程に低いです。
(ノД`)・゜・。

でもこのニス塗りで一発解決。
ササクレそうな部分の塗料が染み渡り一体化されます。
木工用ボンドの食いつきが格段に向上するので上面まで塗装しました。

がおう☆さんのレイアウトも台枠塗装が楽しみですね。
塗ると塗らぬのとは雲泥の差です。
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR