FC2ブログ

T-TRAK CONTEST 2018 にエントリーしました その8 (桜 撃沈編 *過去記事)

日本春の風景には欠かせない桜の花。
模型では非常に再現し難く、市販品もなかなか満足のいく商品はありませんでした。
以前、自作を試みた際の記事をサルベージしました。

幹になる部分はホームセンターで入手したΦ0.28mmの真鍮ワイアーを捩じって作成しました。
DSCN12941-1.jpg






足りない小枝などのディテールはホームセンターで入手したパッドサンダーを使用します。
水に濡らして揉みまくり(または適当なのモノを研磨)草臥れさせます。
それを乾燥させて薄く引きちぎります。
DSCN12940-1.jpg










引きちぎったパッドサンドを木工用ボンドを使用して幹に接着します。
DSCN12953-1.jpg










接着剤が完全に乾いたら、余分な部分を切り落とします。
DSCN12956-1.jpg



DSCN12957-1.jpg









貼り終わったシルエットを確認します。
・・・想像以上に良さげに見えます。
DSCN12955-1.jpg










続いて花びらを光栄堂のスポンジで再現してみました。
極力丁寧にスポンジを1粒づつ、丁寧に貼り付けますが・・・どうにも雰囲気が違います。
家族からは雪が積もってんの!?と厳しいツッコミ・・・・。
失意のうちにスポンジを剥がしたのでした。
(-_-メ)
DSCN12959-1.jpg









続いて、光栄堂のカラーサンドのピンクを注文。
幹、枝にクリアーを塗布して接着剤代わりにします。上から砂を振り掛けます。
中心部はなかなか良い感じになっているように見えます。
DSCN13028-1.jpg









仕上がり状態。
完全にダメなわけではないですが、何か足りません。どこか違う・・・・。
結局この後IPAに浸かって頂き、無に帰したのでした。
いつかリベンジしてやろうと・・・。
DSCN13029-1.jpg



DSCN13030-1.jpg










そして今回、KATOから待望の桜の木のキットが発売。
工場出荷日に池袋のIMONで入手してきました。
今度こそ、納得できる桜が出来ますように・・・。
(-人―)
DSCN1532-1.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR