FC2ブログ

鉄道ふれあいフェア 2018に行ってきた

毎年5月の第4土曜日と言えば、JR大宮工場の一般公開日。
今年も出かけて来ました。
DSC_9372-1.jpg







衝撃の解体&カットモデル化から数年経過したキハ381形。
少々褪色も始まった気もします。
DSC_9374-1.jpg










毎年見ているようでも新しい気付きを覚えるEF63。
配管って結構前方に飛び出しているのですね。
この先、模型を入手した際の参考に・・・。
DSC_9377-1.jpg



DSC_9380-1.jpg



DSC_9381-1.jpg



DSC_9382-1.jpg



DSC_9383-1.jpg











EF60 47の外嵌めテールランプをアップで。
先日リニューアルされたKATOのキハ58もかなりリアルな造形であることが理解できます。
DSC_9384-1.jpg









同EF60、連結器周り。
連結器の基部は意外と長いことに気付かされます。
DSC_9385-1.jpg










屋外車輛展示はEF64 1023 ・ EF64 37 ・ DD51 842。
ちょっと寂しい気もしますがEF64 37を至近で撮影するのは初めて・・・。
DSC_9395-1.jpg


DSC_9401-1.jpg



DSC_9407-1.jpg



DSC_9412-1.jpg



DSC_9417-1.jpg



DSC_9421-1.jpg










反対側から。
DSC_9432-1.jpg



DSC_9434-1.jpg



DSC_9436-1.jpg



DSC_9444-1.jpg
もうちょっと駐機する位置、ロープの配置に配慮が欲しい気もします。
これでは子供と記念写真を撮りたいご家族連れ、車両を撮影したい鐵ちゃんともに良い結果が望めなそう。
(^▽^;)









今年のクレーンショウはEF65 2057。
毎年の事とは言え、至近に機関車の上体がクレーンに吊るされて通過していくのは圧巻。
DSC_9461-1.jpg








EF65 2057の足回り。
黒一色だと思いがちな台車周りですが、ブレーキロッド関係のパーツが明るいガンメタだったりします。
DSC_9477-1.jpg



DSC_9517-1.jpg



DSC_9518-1.jpg












EF65 2057の屋根パーツ。
碍子に「 1976 」の文字が見て取れます。機関車にとって一生もののパーツなんですね。
DSC_9532-1.jpg









大宮工場独特の施工と言われるEF65PFのパンタ下のグレーの絶縁処理ですが、こんなにねっとりした表面仕上げとは知りませんでした。(あほ)
DSC_9539-1.jpg















ナンバープレートが付いてないので判り難いですが、EF65 2070。
この状態ではまるで作り掛けの模型の様です。
DSC_9496-1.jpg



DSC_9501-1.jpg



DSC_9512-1.jpg











外板1回目のパテ盛り中のEF65 2101。
今年度大宮工場で全検出場する、ロクヨンセン及びPFは全機国鉄色にされるそうです。
DSC_9548-1.jpg



DSC_9549-1.jpg



DSC_9555-1.jpg



DSC_9599-1.jpg



DSC_9568-1.jpg










所狭しと工場内に並ぶ機関車の部品たち。
DSC_9597-1.jpg



DSC_9598-1.jpg



DSC_9611-1.jpg



DSC_9618-1.jpg



DSC_9625-1.jpg




DSC_9637-1.jpg










電車の台車検査・組立棟にて。
ひとつひとつのパーツをよく見てみると部品に命が宿っている様な感覚を覚えます。
DSC_9646-1.jpg



DSC_9647-1.jpg



DSC_9648-1.jpg



DSC_9650-1.jpg



DSC_9653-1.jpg



DSC_9654-1.jpg



DSC_9656-1.jpg



DSC_9657-1.jpg



DSC_9665-1.jpg



DSC_9666-1.jpg



DSC_9667-1.jpg



DSC_9668-1.jpg








何か部品を購入したいと想いつつ、目に留まったのがこのパーツ。
しかもたったの¥2,000-。
(*'▽')
持って帰れるかなと、手に持ってみましたがこれだけで20キロから25キロほどの重量・・・。
(他にもEH500のジャンパホースが¥1,000-だったり!!)
手荷物も含めて運ぶ自信がなく諦めました。
(^▽^;)
DSC_9581-1.jpg


来年も出かけたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR