FC2ブログ

T-TRAK CONTEST 2018 にエントリーしました その13 (地鉄線路の設置)

懸案だった桜の基本製作が完了して、次の懸案事項の解消です。
地方電鉄の線路を設置します。
国鉄幹線に対して斜めに配置することは決めたものの、奥行きと地面表現の関係で角度的にも制約があります。
まずはユニトラックの道床を枕木2本分づつクラフト鋸で切断。
フレキシブル化します。
DSCN1594-1.jpg










現物合わせでどの程度の曲線で設置するか検討します。
かなり悩ましい作業です。
DSCN1593-1.jpg










配置が決まったら木工用ボンドを併用して釘で線路を固定します。釘は本線同様に0.9mmドリルで開口して、2.5mmドリルで座繰り、釘の頭が見えないようにしています。
通電することは無いと思いつつもフィーダーを取り付けておきました。
DSCN1595-1.jpg









結局、パネル右にはY字ポイントが(パネル外に)存在する形状として、狭くなりがちな本線の架線ポータルとの距離を稼ぎました。
DSCN1596-1.jpg









線路の固定が完了したら、駅舎の基礎パーツを接着します。
若干、道床から後方へ離して接着します。
基礎パーツは元々反りが有ったため、接着剤が乾くまでおもりを乗せておきました。
DSCN1597-1.jpg










接着剤が乾くまでの間、色々と実験。
先日、日本の草むらを蚊取りラケット改で地面を試作をしましたが、桜の咲く頃の少し丈の長い枯草の下から若芽が生えて来始めた草むらを表現できないものか・・・。
更に試作してみましたが、まだ納得の良く仕上がりにはなりません。
(トホホ・・・)
DSCN1599-1.jpg



DSCN1600-1.jpg



DSCN1601-1.jpg









地鉄側の架線柱は簡易架線柱を使用するつもりでしたが、なんとなくしっくりくる従来の単線架線柱を使用して、木製モドキとしました。
・・・鉄骨ラーメン架線柱も気になる・・・。
車止めは前回同様、左右レールの間に0.4mm真鍮線で固定具を再現しました。
碍子白で塗装して、基本塗装は完了。
DSCN1598-1.jpg



DSCN1602-1.jpg












現在の姿。
アウトラインは出来上がりました。次回は地面の嵩上げです。
DSCN1605-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

草表現

こんにちわです。

長い枯草の下から若芽が出てくる・・・わかります、何か暖かくなるのを実感できる風景です。
線路際の放置された所なんかは、毎年同じように雑草が枯れて、その下から黄緑の色が出てくるんですよ。
いつもホームからも見ている風景の1つと言える気がします。

でも、いざ表現となると難しいようですね。
今度の草はらシリーズはm色合い的にも良い感じではありますが・・・

-薫風-さん、架線柱は筆塗りですか?
いつもながら、細かいものにも非常にきれいに塗装されているので、すこしお尋ねしたくなりました(^^)

Re: 草表現

がおう☆さん
コメントありがとうございます。
草>解っていただけます!?^^
何とも言えない色彩と丈なんですよね。
それと、砂利敷や草臥れたコンクリートの隙間から生えた草。
今回はその情感を再現してみたいのですが、ハードルが高そうです。
(^▽^;)

架線柱は柱部分とトラスの塗り分けはマスキングしてエアブラシしています。
碍子は筆塗りですが。
トラスと柱はノギスで寸法を測り、マスキングテープにダイレクトに写し取り切断してあげればかなり楽ちんで正確な塗り分けが可能です。
がおう☆さんの新兵器の登場を期待してます。
^^
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR