KATO 3072 EF13 結局買っちゃった。

スルーしようと我慢していたKATO EF13。
3割引きのお店のでは在庫も掃けたかと思ったら・・・見つけてしまい購入しました。(あほ)
DSCN6645-1.jpg



毎度やることは同じなのですが・・・。
まずは分解。なんとびっくり内装パーツにも方向があるようです。
見ても私には理解できませんでしたが、どこが違うんだろ~。
(;^ω^)
DSCN6651-1.jpg




更に分解して・・・。
運転機器類はグリーンFS34227+GM青15号の調合色で色挿し、座席は今回GM青15号で彩色。
いい感じのブドウ色2号で整形されている色信号炎管はリムをメタルカラーのブラス、キャップを艶消し黒で塗装。
テールランプレンズはクリアブルーとクリアレッドの混色で仕上げました。
DSCN6650-1.jpg





塗料が乾いたらパーツを戻して運転室を眺めると・・・いつもながら良くは見えません。
でも見えてしまうと無彩色は興醒めなんですよね。
殆ど自己満足。
DSCN6653-1.jpg




ボディと動力を合体させたら車番を取り付け。
プロトタイプの12号機を選択。
久々の背面切り出しタイプのプレートは切り出して押し込むだけの手間いらず。このプレートの張り出し具合が何とも言えません。
DSCN6655-1.jpg




パンタグラフは黒染めしました。
実車はグレー塗装のようですが・・・。汚れと光線の具合で黒く見える写真が多いですよね。(言い訳!?)
ガイアカラーのマルチプライマーを吹き付け後、同社の鉄道用黒を吹き付けます。
今回手持ちのEF15のパンタも同時処理。
DSCN6656-1.jpg




黒染めできたら関節を赤、擦り板を自家調合の銅色、銘板をメタルカラーのブラス、碍子をエナメル塗料の艶消し白で彩色。
綺麗に塗り分けるのが非常に難しいパンタ碍子の上部は墨流しの要領で彩色しています。横着者・・・・。
DSCN6657-1.jpg




パンタグラフを元通りに取り付ければ整備完了。
旧型電機の仲間が増えました。
(^ω^)
DSCN6658-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

早ぇ~

薫風さん
おニューの電機も手早く整備完了ですか。それも薫風さん品質ですから驚きです。
前後のパーツは照明パーツの位置が前後非対称なのでしょうね。墨流しの要領ということは、何回も同じように繰り返すということですよね。私には集中力が持ちそうにありません。

EF13は迷うこともなくスルーしてましたが、ええものを見せてもらいました。

墨流し

アイスマン様

コメント有難うございます。
墨流しは何度もやるという意味ではありません。
・・・何故そんな解釈になるのか理解不能です。

毛細管現象と表面張力の特性を利用して筆ではなぞらないという意味です。

ディテールアップの名を借りた「 弄り壊し 」が何よりも嫌なので、ちょっとした色挿し程度です。
半日あれば誰でも完了できます。

同感です

薫風さま


上手いなぁ~♪

パンタ碍子の上部、入り組んでいて塗り難い場所でもないのに難しいです。
希釈が薄過ぎてもダメだし、ぼてっとなってもダメだし、私はなかなか上手く出来ません。

私はいつもラッカーで塗っていたので、それが原因かもしれません。
今度は薫風さんのようにエナメルでやってみます!


Re: 同感です

まるお様

コメントありがとうございます。。
この部分、碍子と取り付けボルトの部分にパーティングラインが来るのでディテールも完全なものには成り難く、塗り難いんですよね。
私も毎度溶剤系アクリルで塗ってるので同じ思いでした。下地が無塗装なら溶剤で修正もできるのですが、今回はベースに黒を塗装してしまったので、この方法を採りました。
私の不器用な筆運びよりも自然の摂理に従った方が得策でした。
(^^)
・・・そんな訳で上手くはないんです。巧くは行きましたが。(汗)
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR