EF13 12

KATO 3072 EF13 2016年3月初回ロットです。 車番はプロトタイプの12号機を選択。
公式側から形式写真的に。
DSCN6665-1.jpg


非公式側から。
デッキ下の台枠のゴッツさが際立ちます。側面にはボルトのモールドがしっかり表現されて重厚です。
そのゴッツい台枠の向こうに見えるプレートタイプの先従輪が泣かせます。
DSCN6669-1.jpg




真横から。
東芝の製造銘板もくっきりと印刷されています。
台車のボルト表現も素敵です。
DSCN6670-1.jpg




真正面から。
テールランプレンズはクリアレッドとクリアブルーの混色で塗装。
信号炎管はリムをメタルカラーのブラス、キャップを艶消し黒で彩色。
ゲート痕の気になるパンタスリ板の端面はサンドペーパーで研摩し平滑化しています。
DSCN6673-1.jpg




前方斜め上方から。
運転機器はグリーンFS34227+GM青15号の混合色で彩色。座席はGM青15号で彩色。
DSCN6668-1.jpg




側面から運転席周りをアップで。
台枠の向こうに見えるプレート先輪が良い感じです。
DSCN6671-1.jpg





斜め前・上方から。
パンタグラフはガイアカラーのマルチプライマーで処理後、鉄道用黒で彩色。
関節は前方部分のみ赤で、擦り板は自家調合の銅色で、製造銘板はメタルカラーのブラス、碍子はタミヤカラー エナメルの艶消し白で彩色。
DSCN6675-1.jpg





撮影台に載せてローアングルから。
DSCN6663-1.jpg






往時を偲んで白黒変換してみました。
DSCN6661-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

祝!入線

おはようございます。

入線しましたねEF13(^^)/
細やかな色差しも、より一層この機関車の魅力を高めています。
信号煙管も塗り分けされているんですね。
勉強になります。

最後のモノクロバージョンがナイスです。
あの時代は・・・なんて解説が出てきそうです(笑)

Re: 祝!入線

がおう☆さん

いつもコメントありがとうございます。
ちょこっとの色挿しだけで終わりそうでしたので、ささっと仕上がりました。
今回のEF13、信号炎管の整形色の色合いの正確さにはびっくりでした。
この部分ですが、小面積にボディ色、金属色、艶消し黒でコントラストが非常に高く意外と目立つので色挿しはお奨めです。
銀河の金属パーツを使うと更に引き締まるでしょうね。
流石KATOって出来で購入して良かったです。
^^

旧型機は特に白黒変換すると昔の資料を見ているようで楽しいです。

ジョイント音

薫風さま

欲しくなるなぁ~~  これ買おうかどうか迷ってるんです^^

武蔵野線で通学していたので、一番出会った電気機関車はEF13だったかもです(EF15かな?)

ブルトレ全盛でPFが花形だった当時、古臭くてなんか格好悪いなぁ~~とあまり興味がありませんでした(もったいない)

ただジョイント音だけはすごく記憶に残っていて! 今でもあの独特な音を鮮明に思い出します。



Re: ジョイント音

まるお様

コメントありがとうございます。
私も我慢していたのですが、量販店で空っぽになった箱を見たら「あ~あ・・・。」って思いがこみ上げて。
自分の気持ちに正直になって購入してしまいました。
(滝汗)
まるおさんも買っちゃいましょ~。(悪魔の囁き)

EF13が活躍したのは’79年までのようですので、まるおさんが武蔵野線で目にした機関車はEF15でしょうね。
自身はEF15ばかりでEF13を見た記憶はないのですが1-C-C-1の軸配置のジョイント音は独特で良かったです。
後ろに続く貨物も2軸車とボギー車の混結で今となってはそのジョイント音も懐かしいですね。

私も昔は「板バネ丸見えで、錆びてて、古臭くて、おまけに鈍くて何だかな~。」って思ってました。
(凄く後悔・・・)


プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR