GM クモユニ81を作る +α その4 顔面粗削り

接着面の仮研磨とパテ盛りも完了したクモユニ。
乾燥したパテの研摩を開始です。
DSCN6814-1.jpg



まずは側面継ぎ目の溶きパテを400番で研磨します。
研摩の邪魔になる場合は側面の手摺りを切除してから研摩します。
DSCN6815-1.jpg







以前に購入したスプリング式ディバイダー。今回から本格的に実戦投入です。
ディバイダーの足には左右のズレがあるのでその点を認識しておかないとマーキングもズレてしまいますね。
・・・コツはちょっと掴めました。
今回は元モールドの仮切除前にマーキングしてみました。
DSCN6820-1.jpg






ポンチ打ちした位置を0.25mmで開口。
指定開口寸法は0.3mmですが、敢えて0.25で開口しています。これによりエッチングパーツとの隙間がほぼなくなると同時に圧入のみでパーツの固定が可能になります。

手摺りの元モールドは400番から粗削りします。
湘南顔の鼻筋を意識しながら削ります。

ヘッドライトはタヴァサの100Wタイプのレンズを使用します。
指定は1.8mmでの開口ですが、手持ちに1.8、mmがないため、1.6mmから先はヤスリで仕上げました。
DSCN6821-1.jpg






ヘッドライトレンズを仮組。
未施工のクハ86と並べてみます。次はクハ86の顔面粗削りです。
DSCN6823-1.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

特徴

おはようございます。

ディバイダーいよいよ実戦投入されましたね(^^)/
正確に幅を刻めるので、穴の位置を見ても、その実用性が分かります。

湘南顔。
鼻筋がボケてしまうと、この車両の特徴が消えちゃいますもんね。
でも口で言うのと、実際の作業は神経を使うので大変だと思います。
細かな作業が続きますが、頑張ってください(^^)

Re: 特徴

がおう☆さん

いつもコメント有難うございます。
ディバイダーの導入で開口部の位置決めにが大変楽になりました。
エッチングパーツの元モールドの寸法が違うこともあるのでその位置決めにも役立ってます。
もっと早く購入するべきでした。
^^;

湘南顔の鼻筋ですが、EF58の加工直後のがおう☆さんには尚更気になりますよね!
私も途中で削る方向に気を付けないと鼻筋がボケてしまいそうな事に気が付きました。
この後も失敗に気を付けながら楽しんで進めようと思います。

今朝はKATO80系の暗すぎるLEDをヘッド・テール共に明るい物に打ち替えしました。
・・・次はお財布と相談しながら室内灯を・・・。(汗)

ストライク!

薫風さま

位置決めをして、ビシっと決まった時のあの感覚! 
全部ストライクじゃないですか!!!!!

僕はいつもツーエンドスリーです(爆)

0.25ミリのドリル探したのですが見つかりませんでした。
例え見つかってもツーエンドスリーなのが気になります(爆)

デバイダーの歪み、、、力任せに矯正しました。。。

Re: ストライク!

まるお様

コメント有難うございます。
1か所ワイルドピッチで(伸ばし)ランナーを出してしまいました。(笑)
久々にやってみると感覚が微妙にズレてます・・・おっさんですわ・・・。

0.25mmのドリルはホームセンターの方が見つかると思います。
私のもホームセンターで入手しました。
金属加工も可のタイプでまだ一度も折れてません。^^

ディバイダー>微妙に歪みがありますよね。ウチのも矯正せんと~。
プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR