鉄道ふれあいフェア 2016に行ってきた

毎年5月の第4土曜日はJR東日本大宮車両センターの一般公開。
今年も出かけてきました。
DSC_6993-1.jpg
資料館ベランダから入口方向を臨む。
出店が一杯で圧倒されます。
DSC_7001-1.jpg






同じく資料館ベランダから構内方向を望む。
カットモデルが鎮座しています。
DSC_7001-2.jpg






EF63 13 ・ EF60 47のカットモデル。
昨年よりも綺麗になっているような気がします。(多分、気のせい)
久々に運転台に入ろうとも思いましたが凄い行列。お子様連れにお任せし、オッサンは辞退です。
^^
DSC_7005-1.jpg






昨年初めてカットモデル化された姿をこの目にした時にはかなりの驚きだったキハ391。
鉄道博物館へ入って欲しかった気もしますが3連では無理か!?
一部でも残ってくれただけでも感謝ですかね。
DSC_7006-1.jpg






キハ391の連結器。
独特の形状です。
DSC_7008-1.jpg






181系気動車にも通じるデザインのライトケース。
DSC_7015-1.jpg






キハ391の台車(履いてませんが)上部のボディ裾。
振り子車体のせいなのでしょうか。独特のカットです。
DSC_7016-1.jpg






新幹線高架下のパーツ置き場。
長野総合車両センターの文字が見えますが通箱なのでしょうか。
DSC_7024-1.jpg






車輪が並ぶ姿はなかなか壮観。
DSC_7026-1.jpg






台車の群れ。
TR246Mの文字が見えます。E231の台車でしょうか。
DSC_7029-1.jpg





アキュームも来ていました。
DSC_7031-1.jpg






側面から愛称ステッカーを撮影。
DSC_7034-1.jpg






アキュームの前面を斜めから。
一見、ノッペラボウ風ですが、意外と立体的な顔立ち。
DSC_7035-1.jpg






トラバーサー体験試乗。
昔乗りましたが結構楽しいんですよね。
DSC_7040-1.jpg






休憩広場の角を曲がると今回の目玉。
D51 498の後ろ姿が見えてきます。
昨年のC57 180同様素晴らしいコンディション。
DSC_7046-1.jpg






チョットだけアングルを左へ振り、PFと絡めてみました。
DSC_7047-1.jpg





D51 498 テンダー後部。
結構なゴチャゴチャ感です。
DSC_7047-2.jpg






斜め後方からキャブ周りを撮影。
蒸気分配ハンドル、計器類が見えます。
DSC_7059-1.jpg






キャブ下半分、キャブ下のディテール。
DSC_7065-1.jpg






キャブ周りを側面から。
DSC_7066-1.jpg






キャブ下・空気圧縮機周り。
金属の重厚感が凄いです。
DSC_7067-1.jpg







ナンバープレート、製造銘鈑。
鉄道省 鷹取工場の文字が痺れます。
DSC_7068-1.jpg






キャブを斜め前方から。
DSC_7069-1.jpg






ボイラー周りを後方から、
DSC_7070-1.jpg






動輪周辺。
連結棒が下限で止めてあるのは粋な計らいでしょうか。
DSC_7071-1.jpg






公式側から形式写真風に。
DSC_7072-1.jpg






更に斜め方向から。
少しの角度の違いでも感じが変わりますね。
DSC_7073-1.jpg






望遠レンズで正面気味に。
黒光りする美しい姿には機械としての威厳さえ感じます。
DSC_7074-1.jpg









更に煙室扉周りをアップで。
有火状態での展示でした。
DSC_7074-2.jpg







D51の向かい側には電気機関車が展示。
EF65 1115 ・ EF65 2139 ・ EF81 81。
DSC_7098.jpg






国鉄色にブルトレのヘッドマーク。
昭和にタイムスリップって感じ。
DSC_7098-1.jpg






EF81 81を斜めから横位置で。
銀塗装のタイヤ、ブレーキシリンダーのエッジ、シルバーのサイドストライプが堪りません。
DSC_7098-2.jpg




EF81 81を縦位置で。
後方の「JA共済」のビル看板は雑誌「鉄道ファン」の昭和時代折込形式写真でお馴染みの風景。
当時は「埼共連」の看板表示でしたが。
DSC_7098-3.jpg






国鉄色となったEF65 2139。
いっそプレートもクリームに戻してほしい気もします。(我儘)
DSC_7098-4.jpg







1139と1115の並び。
1115はギャラりーの感電防止なのかパンタが下がっていたのが残念。
DSC_7098-5.jpg






EF65 1115を側面から。
DSC_7098-6.jpg






北側の様子。
このロープの張り方には非常に疑問。
お子様連れは子供を入れて撮影し難い、鉄ちゃんにはロープが入るは前を人が横切るわ、他の方に気を遣って前には出にくいわ・・・・・何にもいいとこなし。

来年には改善して欲しいです。
DSC_7098-7.jpg






EF81 81北側から。
DSC_7098-8.jpg






上のコマを撮影した反対側。
半開きの機関庫の扉から81が覗いています。
DSC_7098-10.jpg






機関庫前の風景。
以前作成したこの機関庫のプチラマはまさにこの機関庫の配色をイメージしたものです。
                   ↓
http://kunnpuu238.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


DSC_7153-0.jpg






車輌の撮影も楽しいのですが、構内の鉄道用施設の雰囲気を観察するもの楽しいです。
写真は軽油タンク周り。
DSC_7153-1.jpg






古びたサッシ窓。汚れや劣化の状態も記録します。
DSC_7153-3.jpg





軽油タンク周りのコンクリート隔壁。
雨染み、コケ、埃の堆積具合を模型で再現したいですが、この感じはなかなかハードルが高そうです。
DSC_7153-2.jpg






検修庫のスレート壁の汚れ具合。
DSC_7153-4.jpg






同じく側壁。
DSC_7153-5.jpg






コンクリートの汚れ具合のチェック。
DSC_7153-6.jpg






塗料準備室。
基礎部分と地面の繋がりも良く見ておきたいところ・・・。
DSC_7153-7.jpg






消火器置場。
DSC_7153-8.jpg






屋根上のベンチレーター。
DSC_7153-9.jpg






塗装棟
DSC_7153-10.jpg






庫内。
DSC_7153-11.jpg






庫内床。
DSC_7153-12.jpg






庫内床のアップ。
粉塵、油染み。色んな要素が絡んでます。
DSC_7153-13.jpg






それにしても広い構内です。
DSC_7168-1.jpg






EH200が分解されています。
DSC_7206-1.jpg






EF200のライト周りがバラバラになってるのは初めて目にしました。
DSC_7207-1.jpg






熊本地震への応援スローガンが刺さっています。
DSC_7214-1.jpg






EH200の連結部分。
太いジャンパ線、裾のアース線(?)の銅色が新鮮でした。
DSC_7209-1.jpg






EH500-9の区名札に刺さった応援スローガン。
DSC_7214-2.jpg






EH500の運転室を撮影してびっくり。
灰皿とドリンクホルダーが見えます。こんなの付いてたのですね。
DSC_7236-1.jpg






EF65 2117。
DSC_7247-1.jpg






2117の乗務員扉の手摺り。
塗装の剥げ具合にこの車の歴史を感じます。
DSC_7249-1.jpg






2117の台車。
汚れ具合の表現資料も収集。
DSC_7252-1.jpg






今年のクレーンショーはEF64 1010。
巨体が移動していく様は圧巻です。
*露光間ズームでイメージを誇張表現しています。
DSC_7282-1.jpg






かなりの至近距離で見物できます。
凄い迫力。
DSC_7309-1.jpg






午後2時からの最終クレーンショーは車体乗せも実演。
DSC_7309-2.jpg






台車にボディが載った状態。
DSC_7309-3.jpg






EF64 1010を正面から。
DSC_7309-4.jpg






一番奥展示はDE11 2003
全検上がりのピッカピカです。
更に後方の建物の陰にはED62 17が見えます。
DSC_7329-1.jpg






少々側方から撮影。
DSC_7329-2.jpg






防音スカートは可動式なんですね。知りませんでした。
DSC_7337-1.jpg






スカート上下スイッチ。
DSC_7340-1.jpg





最後に。
「顔は要らないけどブログで宣伝してね!」と廃車部品販売の担当さん。
ピにオンギア ¥5,000- とのこと。
・・・出がけにカミさんから支給された床屋代¥5,000-とピッタリ合致。
悪魔の囁きには耐えました。(爆)
因みに重量1個 32kgだそうです。
DSC_7354-1.jpg


来年も出かけようと思います。
運営に係る方々にこの場を借りまして感謝申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

逃してしまいました

こんにちは

JR東日本大宮車両センターの公開日は、今日だったのですね。一度は行きたいと思いながら、今回も逃してしまいました。

車両以外にも、色々部品を見れるのが面白そうですね。ピニオンギアは、気にいっても、なかなか持って帰れない重さですね。実家にも10cmほどに切ったレールがありますが、これも結構な重さだった気がします。

D51ですが、車体が黒光りして綺麗ですね。また、渋く光っているロッドは模型でも再現したいところです。また、車輪のロッド取り付け部も同様に磨きだしなのですね。このあたり、模型でも再現したい色合いですね。

毎年5月の第4土曜日です

へのへのもへじ様

コメント有難うございます。
逃してしまいましたか。大宮の一般公開は毎年5月の第4土曜日と決まっています。(震災の2011年は例外)
来年のスケジュール帳に書き込むか、スマホのカレンダーに登録しておくのも良いかもしれません。

場内には色んなコーナーがあるので車種別の実車、設備、グッズ、体験と何か一つでも興味があれば楽しめると思います。
^^

SLのロッドの表現も楽しみですが、近年ファンスケールで再現された詳細なキャブ下ディテールへの色挿しも楽しそうです。
ピニオンギアは32Kgとはいえ持ち帰りたかったです。
(原始人の通貨みたいですね。ギャートルズか!?・爆)

目の付けどころ

おはようございます。

キハ391は、昔はなんだこれ?って感じでしたが、これがあってのキハ181へとつながる大事な車両ですね。
ガスタービン、実用化していたらどうなってたんでしょう(^-^;

建物や床等、-薫風-さんの目の付けどころが違いますね。
皆車両にいきがちですが、情景のためのロケが抜かりないです(笑)
これでないと、あの雰囲気のある情景は出来ないんでしょうね。
勉強になります(*^^*)

DE11のかっこよさ

薫風さま

こんにちは! 

見応えたっぷりですね! 昭和の名残りもたっぷりで、すっかり楽しませて頂きました。。。
「半開き扉の81」は本の表紙になりますね♪

普段見れない貴重な写真に興味津々。
一番印象に残ったのはDE11のかっこよさでした。
こんなに長くてメカニカルで、めっちゃかっこいいじゃないですか! 
それに、、、どことなくDE50の雰囲気を感じます。

あ~それにしても行ってみたいなぁ~~~国鉄車両があるうちに^^

Re: 目の付けどころ

がおう✩さん

コメント有難うございます。
キハ391>実際に走る姿を拝んでみたかったです。
1972年の新製時、慣らし運転は地元・川越線で行ったそうな・・・。
走行中の姿はほとんど見かけませんね。
タービンノイズを響かせて走る姿を想像するだけでもゾクゾクします。

ロケ>普段はなかなか入れない処ですし、雑誌でも「鉄道車両工場の汚れ特集」なんてありませんし。
いつかやるかもしれない機会は突然にやってくるかもしれません。
その時に焦らないためにも事前にイメージを掴んでおいた方が吉ですものね。
がおう✩さんのレイアウト製作時にお役にたつと良いのですが。
(^◇^)

Re: DE11のかっこよさ

まるお様

コメントありがとうございます。

見応え>感じて頂けると幸いです。
今回はちょっと撮り足りない気もしてたのですが、気になるシーンを極力お伝えしたく選んでいるうちに
添付写真が74コマになっちゃいました。(滝汗)
諧調が悪い・鮮鋭度が低い写真は見ていても気持ち良くないのでほぼ全コマ見た目に近付ける為に補正を掛けています。

半身の81には「ハッ」とさせるものがありました。
^^
・・・もしも工場の稼働中に見学できたとしたら1日居ても全く飽きないでしょうね。(あほ)
昼からの入場でしたが、今回も飲まず・食わずであっと言う間に終わっちゃいました。(どあほ)

DE11>私もこのカッコよさには痺れました。
防音仕様の2000番台は通常機よりも全長が2500mm長いんですよね。
凸型のボディ形状が更に際立ってました。

このイベント、土曜日の日中なのが月~土勤務の方には辛いところですよね。
(私も休み中でも瞬間起動しないといけないのが微妙ですが・涙)

プロフィール

-薫風-

Author:-薫風-
この前まで19歳だと思っていたらあっという間に時間は流れ・・・。
(ホンマかいな)
写真、模型、乗り物好きなアラフィフです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
楽しく参加しております。宜しければポチッとお願いします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR